スリーピースバンドLIGHTERS、初の全国流通ミニアルバムをリリース

ツイート

LIGHTERSが、2019年12月1st EP『Everything』から約一年振りとなる新作のリリースが決定。初の全国流通版の5曲入りミニアルバム『bitter peanut butter』を自主レーベルから12月2日にリリースする。

今作は千葉の山奥にある一軒家に機材を持ち込んで録音され、音に不思議な暖かさや朝の匂いを感じる作品。エンジニアに米津裕二郎、サポートドラムに金沢健央(ベランダ)が参加している。

一部店舗特典として、THE MESSENGERSの「THAT'S THE WAY A WOMAN IS」のカバー音源CD-R付きで発売。さらに、11月11日に先行配信される「Holiday」がラジオO.A解禁される。

12月にリリースツアーを東京と大阪の2カ所での開催が決定し、チケットも本日より受付がスタートしている。

リリース情報

タイトル: bitter peanut butter
Release: 2020.12.2
Format: Digital
Label: LATER YOUTH RECORDS
全5曲入り
LYRC-001 / ¥1,500 (税抜価格)+税
※特典付C D販売店舗
タワーレコード、HOLIDAY! RECORDS、FLAKE RECORDS、The Domestic

ライブ・イベント情報

12.11(FRI)
『bitter peanuts butter Release Tour 2020』
@心斎橋 Pangea
出演:LIGHTERS、他

12.18(FRI)
『bitter peanuts butter Release Tour 2020』
@o-nest
出演:LIGHTERS、他
チケット代 2,500円(税抜き)+税
※チケット受付
lighters.baand@gmail.com
こちらに住所、氏名、電話番号、枚数を明記の上、メールにてお申し込みください。

関連リンク

◆Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報