ソウルフライのマックス・カヴァレラ、ドレッドロックスをばっさり

ツイート
写真:Char Tupper

元セパルトゥラ/現ソウルフライのマックス・カヴァレラが、トレードマークのドレッドロックスと別れを告げた。

◆投稿された写真

彼の妻でマネージャーのGloriaさんは月曜日(10月19日)、「今日、地獄では雪が降っているに違いない!」と、笑顔のカヴァレラの横で、切り落とされた木の枝のようにも見えるそのドレッドロックスを手にし、変顔を見せる写真をインスタグラムに投稿した。

カヴァレラは以前、セパルトゥラを脱退した翌年の1997年から髪を伸ばしており、そのメンテナンス(?)に関し、「そのままにしとくんだよ。伸びるのをそのままに。洗ってるからきれいだよ。(でも)一度、食べ物がついてるのを見つけた。(ドレッドを)こじ開けてみたらマカロニだか、チーズだか米だかがあった」と話していた。

なぜカットすることに決めたのか、理由はまだ説明されていない。



カヴァレラは今年6月、ソウルフライの新作のためにリフを制作しているところで、2021年にはアルバムがリリースできそうだと話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報