『タモリ倶楽部』空耳アワーが半年ぶりに復活、松たか子と星野源出演

ツイート


『タモリ倶楽部』の名物企画「空耳アワー」が、4月10日放送でコーナー休止が発表されて以来約半年ぶりに復活し、松たか子、星野源が出演することが明らかになった。

10月30日(金)、11月6日(金)の2週にわたり「新作・名作たっぷり出します! 帰ってきちゃった空耳アワー復活祭」と題し、この半年の間に温めていた新ネタを紹介する。番組には約1万通もの新作ネタおよび投稿動画が集まったようだ。そして、新作ネタの映像には、このウィズコロナ時代ならではのある変化が起こっているという。

このほか、コーナー開始から28年という長い歴史の中から生まれた名作の数々も届け、タモリが審査委員長、そして空耳ファンという松たか子、星野源が審査員となり、ベスト・オブ・レジェンド大賞を決定する。なお、この企画の進行は「空耳アワー」おなじみのソラミミスト・安齋肇であるが、久々の復活に進行を覚えているかどうか心配ということで、かつて安齋が遅刻した際に代打として見事な進行を見せた市川紗椰も助っ人として登場する。



レジェンド作品は、10年ごとに年代別の傾向を各部門にわけ、「ショート部門」や「ダミ声部門」、「不条理部門」、「グルメ部門」などなど、個性的なラインナップで登場。中には、「SUN部門」など、もはや聞いただけでは何の部門なのかわからない部門も。“レジェンド・オブ・レジェンド空耳”に輝いた作品には、世界に1つだけのスペシャルな贈呈品が贈られる。



この記事をツイート

この記事の関連情報