待望のKEMPER純正スピーカー・ユニットが登場、19のクラシックなギター・スピーカーを再現する「KEMPER Kone」発売

ツイート

KEMPERより、KEMPER Profilerのために設計された純正スピーカー・ユニットが登場。「KEMPER Kone」が10月23日に発売される。

「KEMPER Kone」は、Celestion社によってKEMPER Profilerのために独自に設計されたフルレンジ・12インチ・スピーカー。先に発売されたKEMPER純正のスピーカー・キャビネット「KEMPER Cabinet」に搭載されていたスピーカーが、いよいよ単独の製品としてリリースされることとなった。


▲KEMPER Cabinet(右奥)搭載のスピーカー・ユニットKEMPER Koneが単独で発売。KEMPER Profiler PowerHeadまたはPowerRackおよびそれらと組み合わせた外部パワーアンプで駆動できる。

KEMPER ProfilerからのDSPアルゴリズムを用いることで、フルレンジの周波数特性にてコントロールが可能。従来のフルレンジ・システムの考え方とは対照的に、「KEMPER Kone」の放射パターンは、通常のPAスピーカーやモニター・スピーカーと異なり、フルレンジ・サウンドにおいても鮮明にギター・スピーカーの特徴を出すために、クラシックなギター・スピーカー・シャーシの原理に特化している。「KEMPER Kone」を他のギター・キャビネットに搭載すれば、2×12インチ、4×12インチのKEMPER専用キャビネットを作ることが可能だ。

「Imprints」モードにおいては、Celestionをはじめとする数多くの著名なギター・スピーカーに加え、いくつかの希少なギター・スピーカーの中から音を選ぶことが可能。今後のソフトウェア・アップデートにより、スピーカーの種類が増える可能性もある。

アンプのCab offをオンにするだけで、「KEMPER Kone」はフルレンジ・モードからImprintsモードに切り替わり、19ものクラシックなギター・スピーカーを再現することができる。これらのサウンドは、マイク録りの音ではその効果を発揮しない。これらのプロファイルは古き良き“amp in the room”のサウンドを再現するものだ。


ProfilerのDSP技術によるスピーカーの能力を用いれば、自身のお気に入りのセットアップよってそれぞれのモデリング・スピーカーを複雑なエディット操作なしにスイッチすることができる。たとえば、アコースティック・ギターでフルレンジ・サウンドを得たい時、「KEMPER Kone」は自動的にフルレンジ・モードに切り替わってくれる。AUX端子を使えば、フルレンジ・サウンドでProfiler から外部音源を流すことができ、さらにモデリング・スピーカーでギターを演奏する音と同時に出力することも可能だ。

製品情報

◆KEMPER Kone
価格:27,000円(税別)
発売日:2020年10月23日

<おもな仕様>
寸法:30.5cm(12 インチ)
重量:3.9kg
許容入力:200W
インピーダンス:4Ω
スピーカー径:28.3cm
この記事をツイート

この記事の関連情報