Monkey Banana、コンデンサーマイク2製品発売

ツイート

Future Beat Industries GmbH)が手掛けるMonkey Bananaブランド製品のUSBコンデンサーマイク「Hapa」とスタジオ用コンデンサーマイク「Bonobo」が2020年10月30日(金)より発売される。



Hapaは、バック・エレクトレット・コンデンサー型マイクユニットを採用し、低消費電力で動作可能なUSBコンデンサーマイク。USBケーブルをコンピューターにつなぐだけですぐに使用可能だ。ポッドキャスティングや小規模のスタジオ録音などで、声(ボーカル)や楽器の配信・収録に最適な、コンパクトで使いやすいマイクと言えるだろう。

「Hapa」

2020年10月30日(金)
価格:オーブンブライス(市場予想税抜価格:9,000円)
カラー:赤/黒/白/黄


Bonoboは、34mmの大型ダイヤフラムを搭載し、声(ボーカル)やアコースティックギターなどの収録や、配信、放送用途などに最適な、緻密で豊かなサウンドが特徴のコンデンサーマイク。ショックマウント、ポップフィルターが付属しており、初めて購入するコンデンサーマイクとして最適だ。

「Hapa」

2020年10月30日(金)
価格:オーブンブライス(市場予想税抜価格:15,000円)
カラー:黒/緑

◆ディリゲント オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報