キッスのジーン・シモンズ、税金高過ぎとLAからワシントンへ引っ越し

ツイート

キッスのジーン・シモンズが、米カリフォルニア、ビバリーヒルズに所有する豪邸を売りに出した。長年暮らしてきたが、この地域の税金の高さはもう受け入れられないと、ワシントン州のマウント・レーニア近くに引っ越すことにしたそうだ。

◆ジーン・シモンズ画像

シモンズは、「カリフォルニアとビバリーヒルズは雇用を生み出している人たちへの待遇が前からひどい。あの税金は受け入れられない」と、『The Wall Street Journal』紙に話している。「俺は懸命に働き、税金を払っている。ビバリーヒルズ・ブルースなんて嘆きたくないが、もうたくさんだ」

テニスコート、プール、35台収容可能の駐車場付きの16,000スクエアフィート(約1,486平米)あるビバリーヒルズの豪邸は現在、2,200万ドル(約23億円)で売りに出されているという。シモンズは1984年に135万ドルでここを購入し、今よりよほど小さく質素だったランチ・ハウスを35年にわたり1,200万ドルを費やしリノベーションしてきたそうだ。



シモンズは数ヶ月前、同じくカリフォルニア州ロサンゼルスにある、これより小さめの家を220万ドル(約2憶3,000万円)で売りに出していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報