オジー・オズボーン「酔ったエディからヴァン・ヘイレンに誘われた」

ツイート
Photo by Sam Taylor-Johnson

オジー・オズボーンは、エドワード・ヴァン・ヘイレンからヴァン・ヘイレンで歌わないか誘われたことがあったそうだ。具体的に何年かは言及しなかったが、サミー・ヘイガーの脱退後だという。

オジーは、SiriusXMの『Ozzy’s Boneyard』でエドワードを追悼しヴァン・ヘイレンの音楽を流した際、DJのビリー・モリソンから公演やツアーで共演するのではなく、エドワードとコラボするチャンスはあったかと問われると、こう話した。「いや、なかった。一度彼から電話があり、彼のバンドで歌ってみる気はないかって訊かれたことがある。サミーのずっと後だ。彼はちょっと酔ってたんだと思うよ。“いいアイディアがある”って朝の4時に電話するなんて、みんなやったことあるだろ」

オジーはまた、エドワードのギター演奏をこう称賛した。「あらゆるものを目にしてきたって思うだろ。そしたら突然、革命的なすごい演奏をする誰かが現れる。エディの演奏を見ていると……、まるで彼の手がスパイダーに変化するかのようだった。見事だった。彼はそれをいつも、簡単なことのように成し遂げてた」

ヴァン・ヘイレンは1978年、ブラック・サバスのツアーのオープニング・アクトを務めた。オジーはエドワードの訃報を知った直後、「エディ・ヴァン・ヘイレンは俺が一緒に仕事をしてきた人たちの中で最もナイスな一人だった。俺らは多くの笑いを共にした。音楽、特にギターに与えた彼の影響は計り知れない。絶対的レジェンドだった。エディ、向こうで会おう、友よ」との追悼の言葉を上げていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報