ドゥービー・ブラザーズ+ピーター・フランプトン、E・クラプトンのカバー曲を公開

ツイート

ドゥービー・ブラザーズが、ピーター・フランプトンとコラボしたエリック・クラプトンの「Let It Rain」(1972年)のカバーを公開した。

◆ドゥービー・ブラザーズ動画、画像

演奏とビデオの制作はリモートで行なわれたそうだ。フロントマンのトム・ジョンストンは、「数ヶ月前、ピーターと僕は曲かビデオをやろうって決め、いろんな曲を検討してたんだ。僕が“Let It Rain”を挙げたら、彼が気に入ってね。彼は素晴らしいギタリストで、僕同様、クラプトンのファンだ」「ピーターとパット(・シモンズ)、僕がヴァースとソロを受け持ち、ジョン(・マクフィー)がクールなペダル・スティールをプレイし、ビル・ペインのピアノと上手く組み合わせるのに貢献した。ジョン・コーワンがベース、エド・トスがドラムをプレイした」と、フランプトンは「リモートだったとしても、友人であるドゥービー・ブラザーズとプレイできたのはすごく楽しかった。実際に集まってプレイできる日が来るのを楽しみにしている」と、『Rolling Stone』誌に話している。


ドゥービー・ブラザーズは今年、ジェフ・バクスター、ジョン・ハートマン、マイケル・ホサック、トム・ジョンストン、キース・ヌードセン、マイケル・マクドナルド、ジョン・マクフィー、タイラン・ポーター、パトリック・シモンズの9名のメンバーがロックの殿堂入りする。新型コロナウイルスの影響で授賞式は開かれず、11月7日にHBOネットワークから特別番組が放送される。

また、2021年にはマイケル・マクドナルドが参加する50周年記念ツアーを開催する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報