ヤマハが“いつでも、どこでも、だれでもサクソフォン演奏の楽しみを味わえる”デジタルサックス「YDS-150」発表

ツイート

ヤマハから、時間や場所を気にすることなく思いのままに演奏できるデジタル管楽器の新製品、デジタルサックス「YDS-150」が登場。11月20日に発売となる。

欧米での発表より約1カ月、ついに日本でも発表となった「YDS-150」は、「いつでも、どこでも、だれでも演奏の楽しみを味わえるサクソフォン」をコンセプトとし開発された製品。サクソフォンの本格的な表現力をそのままに静音化を実現した、より気軽に、より身近に演奏を楽しめるまったく新しい管楽器だ。


息を吹き込むだけですぐに音を出すことができ、息の圧力により繊細な音量や音色の変化をつけられるので、管楽器初心者から経験者までプレイヤーの表現したいことに応えてくれる。また、アコースティックサクソフォンに先進のデジタル技術を融合させた「ベル一体型アコースティック音響システム」により、プレイヤーはアコースティックサクソフォン特有の響き、振動を感じながら演奏を楽しむことが可能だ。


▲スピーカー内蔵、電池駆動、ストラップ付属で手軽にサクソフォン演奏が楽しめるデジタルサックス「YDS-150」。本体サイズは幅110×高さ699×奥行き103mm、重さは1.0kg(電池含まず)。

最大の特徴は、時間や場所を気にせずに演奏を楽しめること。デジタル技術により15段階で音量を調節可能。夜間でもリビングルームでも思いのままに演奏できる。ヘッドホンを接続すれば、外に音を漏らすことなく演奏できるので、これまで大きな音が理由でサクソフォン演奏をあきらめていた人も、周囲を気にせず自分の演奏に没入することができる。もちろん、外部スピーカーにつなげばステージなどでの演奏も可能だ。


▲キイシステムはサクソフォン同一配列。High-F#、フロントF、LowAを備える。

サクソフォンを体感できるオーセンティックなデザインと響きにも注目。アコースティックサクソフォンと同じキイ配列、マウスピース、サムフックを採用し、自然で滑らかな操作感を実現した。また、本体にはアコースティックサクソフォンと同じイエローブラス製ベルを採用。ヤマハが新開発した「ベル一体型アコースティック音響システム」により、スピーカーユニットの音・振動が音響管を通じてベルに伝わり楽器自体が振動。この振動はキイやマウスピースを通して口元・指先にも伝わってくる。オーセンティックで心地よい響きと振動が、まるでアコースティックサクソフォンを演奏しているかのような一体感をプレイヤーにもたらしてくれる。


▲見た目のインパクトも十分なイエローブラス製ベル(左)を採用。吹き口(右)はリガチャーがついたアコースティックサクソフォンと同じスタイル。

吹き口はアコースティックサクソフォンと同じスタイルのマウスピース・リードでありながら、初心者にとって最初のハードルとなるアンブシュア(演奏時の口の形)を作らなくても美しい音が出せるのもデジタルサックスならでは。奏でる音色は日本を代表するサクソフォン奏者の協力のもと、時間をかけてソプラノ、アルト、テナー、バリトン各サクソフォンのすべての音を丁寧にレコーディングしたもの。すべての音階を一つ一つサンプリングする「全音サンプリング」となっているのも見逃せない。サクソフォン系の56音色に加え、シンセサイザー系の音色も合わせて全73音色を搭載。これ一本だけでサクソフォンを中心とするさまざまな音色による音楽表現が可能だ。


▲専用アプリ「YDS Controller」はiOS/Android対応。さまざまなカスタマイズが行える。

さまざまなカスタマイズがカンタンにできる専用アプリも用意。新開発のiOS/Android対応アプリ「YDS Controller」(無料)をインストールしたスマホやタブレットとBluetooth接続すれば、音色の変更やエフェクトの調整、運指のカスタマイズ、息の抵抗感やレスポンスといった吹き心地の調整などをカンタンに行うことができる。

接続端子は前述のヘッドホン(ステレオミニ)に加え、音楽プレイヤーなどの音を入力できるAUX IN(ステレオミニ)、パソコンなどとつなげるUSB TO HOST(micro USB Type B)。Bluetoothはオーディオの受信も可能なので、好きな曲に合わせて演奏することもカンタンにできる。

電源は単4電池×4を使用。USBからの電源供給も可能だ。付属品は、専用ケース、ストラップ、専用マウスピース、専用樹脂リード、リガチャー、マウスピースキャップ、予備Oリング、予備樹脂リード、取扱説明書。演奏に必要なものはすべて付属するので、購入時には電池のみ別途購入するだけでOKだ。


▲写真の専用ケースほか演奏に必要なものがすべて付属。買ってすぐに演奏が楽しめる。

YouTubeで公開された動画「ヤマハ デジタルサックスYDS-150 新商品発表会」には、サックスプレイヤーのユッコ・ミラーが登場。使い心地について「本物のサックスだともっと音が大きいし、もっと重いし、息ももっと入れ込まないと音が出ないんですけど、このデジタルサックスは少しの息で音が出るし、音も小さかったり、ヘッドホンを使って無音で、おうちで楽器が吹けない人も吹くことができるので、とても気軽な感じで吹けると思います」とコメント。「指がサックスとまったく一緒なのにヘッドホンで無音で練習できるっていうところがとても魅力的なので、おうちで深夜に練習したりとかそういうふうにも使ってみたいなと思いました」と、使ってみたいシーンについても語っている。詳細は映像でチェックしてほしい。

製品情報

◆ヤマハ デジタルサックス YDS-150
価格:オープン
発売日:2020年11月20日

関連画像&映像

◆YAMAHA 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報