HYDE、蜷川実花監督による「HALLOWEEN PARTY - プペル Ver. -」スペシャルムービー公開

ツイート

HYDEによる『映画 えんとつ町のプペル』のオープニング主題歌「HALLOWEEN PARTY - プペル Ver. -」のスペシャルムービーが公開されている。

◆スペシャルムービー、画像

10月16日(金)に配信リリースされた「HALLOWEEN PARTY - プペル Ver. -」は、主宰イベント<HALLOWEEN PARTY>のテーマソングでもある人気曲にキッズシンガーのコーラスなどを加え、“煙で空が見えない町”をテーマにリアレンジを施したニューバージョン。スペシャルムービーは蜷川実花が監督を務めた作品で、HYDEもゲスト出演している。岸井ゆきのと笠松将が出演するストーリー仕立ての“ドラマ編”と、ダンサー陣のパフォーマンスを中心に構成された“ダンス編”の2本が公開された。




蜷川実花と映画の原作・脚本・製作総指揮を務める西野亮廣は次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■蜷川実花 コメント

「スペシャルムービーやってー」「いいよー」と、いつものゆるっとしたやりとりで即決しました。
西野くんはいつも“蜷川実花なら絶対にいいものができる”と信じきってくれているので、プレッシャーもかかりますし、緊張もしますが、そのぶん自由度がものすごく高いので、やりがいがあります。
西野くんからのオーダーは、特に何もなかったです。「ポイントは?」と聞いても「任せる!」という答えしか返ってこず。うーん、どうしようかなと思っていたら、西野くんのオンラインサロンの記事に「蜷川実花を追い込む方法」みたいなタイトルのものがあって。その記事に「何も言い訳できないくらい自由度をあげる」「お金は払う」と書いてあったので、アクセルを踏みました。予算は倍になっちゃった笑
コンセプトは「プペルがミュージカルになったら」というところから、2020年に上演するとしたらどうなるのか、このコロナ禍において西野くんが大きな勝負をすることも入れ込みたいと思いました。
こういう大変な状況下において、エンタメに何ができるのかを詰め込んだ作品です。

   ◆   ◆   ◆

■西野亮廣 コメント

もともとプライベートでもとても仲良くさせてもらっていて、一緒に仕事ができるタイミングをずっと探っていました。
で、「ここだ」と。蜷川実花の才能に大人の事情でブレーキなんてかけたくないので、「予算のことを一旦忘れて作ってみてください」というオファーを出したところ、こちらが想定していた以上に予算のことを大胆に忘れてくださいました(笑) ただ、それに対して誰も文句が言えないクオリティーで返してくださって、本当に本当に痛快でした。
(※予算はオンラインサロンの売り上げから出ています)
僕が大好きなエンターテイメントがここにあります。是非、ご覧ください。

   ◆   ◆   ◆

『映画 えんとつ町のプペル』は12月25日(金)に公開される。

『映画 えんとつ町のプペル』

12月25日(金)より全国公開
声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣 監督:廣田裕介 OP主題歌:「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」 HYDE (Virgin Music)
ED主題歌:「えんとつ町のプペル」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレーベルズ)アニメーション制作:STUDIO4℃ 製作:吉本興業株式会社 
配給:東宝=吉本興業 (C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊) (C)AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016
公式サイト:poupelle.com
この記事をツイート

この記事の関連情報