神はサイコロを振らない、母校のオンライン学園祭でライブ。学生からのサプライズも

ツイート

神はサイコロを振らないが11月1日(日)、九州産業大学のオンライン学園祭<香椎祭>にスペシャルゲストとして出演した。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆神はサイコロを振らない 画像

   ◆   ◆   ◆

今年は、新型コロナウイルスの感染予防として“オンライン”で開催することになった学園祭。実行委員の「ゲストにはメンバー全員がOBである神サイ」に出てほしい、という熱い思いを受け、“コロナ禍で辛い思いをしている母校の後輩たちにライブを通して直接エールを送りたい”というメンバーの希望で、現地からのオンラインライブ出演を即快諾。今回の出演が決定した。九州産業大学は今年創立60周年で、今年竣工された大楠アリーナでのプロミュージシャンのライブとしては、こけら落としとなった。

ライブは感染予防のため、YouTubeでオンライン開催となったが、限られた実行委員の学生だけが現地でライブを見守った。

「九産大のみなさん楽しんでますか!?」と「ジュブナイルに捧ぐ」「パーフェクト・ルーキーズ」を披露。続けて「声は出せないと思いますが、ぜひ自由に楽しんでください!」と学生たちの手拍子に合わせて「揺らめいて候」を熱唱。彼らの代表曲の一つともなっている「夜永唄」では、涙ぐむ学生が多く見られた。






集まった学生から“お帰りなさい”とメンバーへのサプライズで横断幕が用意され、先輩の凱旋ライブを出迎えると、「僕らがエールを送りたくてここに来たのに、逆に元気をもらいました。本当にありがとうございます。いつか、ここでお客さんを満杯に入れてライブがしたいです!」とヴォーカル柳田周作が涙ながらに感謝を述べ、学生たちも感涙した。

デビュー曲「泡沫花火」、映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』の主題歌で新曲「目蓋」を心を込めて歌い上げた後は、「illumination」「No Matter What」でライブを盛り上げ、福岡にまた帰ってくることを約束した。

Photo by ヤマベマナブ

   ◆   ◆   ◆

■神はサイコロを振らない@九州産業大学 学園祭<香椎祭>2020年11月1日(日)セットリスト

1. ジュブナイルに捧ぐ
2. パーフェクト・ルーキーズ
3. 揺らめいて候
4. 夜永唄
5. 泡沫花火
6. 目蓋
7. illumination
8. No Matter What

この記事をツイート

この記事の関連情報