チェリスト宮田大×ギタリスト大萩康司、世界を旅するようなデュオALリリース決定

ツイート

チェリストの宮田大とギタリストの大萩康司が、デュオアルバム『Travelogue』を12月23日(水)に日本コロムビアよりリリースする。

◆『Travelogue』 ジャケット写真

ともに第一線で活躍するふたりはかねてより共演を重ね、2019年には東京と大阪で初となるデュオ・リサイタルを開催。また、NHK『クラシック倶楽部』などのメディアにも出演している。

初アルバムとなる『Travelogue』には、チェロとギターという珍しいアンサンブルを活かしたユニークなプログラムを収録。ピアソラをはじめとした南米音楽、映画『ロシュフォールの恋人たち』のBGM「キャラバンの到着」、サティやラヴェルといったフランス音楽など、音楽で世界各地を旅するような1枚となっている。

宮田は大萩を「一期一会の世界で、音楽で対話ができる音楽家」と形容し、大萩は宮田の演奏を「まるで歌を歌っているように、時に歌を超えてくるような表現力を感じる」と称賛。2021年には、このデュオによる全国ツアーも予定されている。

■アルバム『Travelogue』


▲『Travelogue』

2020年12月23日(水)リリース
宮田大(チェロ)・大萩康司(ギター)
DENON/COCQ-85518(UHQCD)/¥3,000+税
[収録内容]※曲順未定
ルグラン:キャラバンの到着
サティ:ジュ・トゥ・ヴ
ショパン:チェロ・ソナタ Op.65より 第3楽章
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ニャタリ:チェロとギターのためのソナタ
ピアソラ:アヴェマリア
ピアソラ:オブリビオン
ピアソラ:ブエノスアイレスの冬
[録音]
2020年7月2日、3日 サントミューゼ(上田)

【店頭オリジナル特典】
・Amazon.co.jp:メガジャケ(CDジャケット絵柄)
・応援店特典:オリジナルポストカード
※応援店のリストは後日公開されます。
※特典は先着となり、無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
※特典取扱いの有無は、直接お店にお問合せください。

◆宮田大 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報