ユーライア・ヒープのオリジナル・メンバー、ケン・ヘンズレーが死去

ツイート

ゴッズやユーライア・ヒープの主要メンバーの1人だったキーボード奏者/マルチ・プレイヤーのケン・ヘンズレーが、11月4日、居住地のスペインで亡くなった。75歳だった。

◆ケン・ヘンズレー画像

彼の兄弟は5日、「水曜日の夜、安らかに息を引き取りました」とFacebookを通じ訃報を伝えた。「僕らとの最後の数分間、彼の美しい妻モニカがケンに寄り添い、彼の心を和らげました。僕らはみんな、この痛ましい出来事、予期せぬ喪失に打ちのめされており、どうか、それに対処する時間と場所を僕らにお与えください。ケンはスペインで家族葬にて火葬される予定ですので、葬儀に関しそれ以上の情報を求めるのはご遠慮ください。ケンはこの世を去りましたが、彼が忘れられることはなく、この先ずっと私たちの心の中におります」





ロンドンで生まれたヘンズレーは、10代初めでギターを習い、1965年にミック・テイラーらとゴッズを結成。1968年にデビュー・アルバム『Genesis』を発表した。ユーライア・ヒープには1969~1980年まで在籍し、ファースト『...Very 'Eavy ...Very 'Umble』(1970年)から13枚目の『Conquest』(1980年)まで、卓越したキーボード奏者というだけでなく、メイン・ソングライターとして活躍した。

ユーライア・ヒープ脱退後もジョン・ウェットン、ジョン・ロートンらとコラボするなど精力的に音楽活動を続け、数多くのアルバムを発表してきた。

今年9月にはゴッズとユーライア・ヒープでヘンズレーと活動を共にしたドラマーのリー・カースレイクが亡くなったばかりだった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報