スラッシュ、友人のプロデューサーを追悼し「ある愛の詩」を演奏

ツイート

スラッシュが、昨年亡くなった著名な映画プロデューサー、ロバート・エヴァンスを追悼し、彼の命日(10月26日)に「Where Do I Begin?(ある愛の詩)」のカバーをレコーディングした。

◆スラッシュ画像、音源

エヴァンスのインスタグラムは、スラッシュとエヴァンスの2ショットと共に、「@slash、ミスター・エヴァンスの素晴らしい友&みんなのギター・ヒーローが彼(エヴァンス)に敬意を表し、今日、スタジオに入り、映画『ある愛の詩』のテーマ・ソングのニュー・ヴァージョンをレコーディングした」と伝え、その音源を投稿した。



スラッシュもYouTubeでそれを公開している。


ロバート・エヴァンスはパラマウントの社長に就任し、『チャイナタウン』(1974年)、『マラソンマン』(1976年)、『ブラック・サンデー』(1977年)、『コットンクラブ』(1984年)などをプロデュース、『ゴッドファーザー』『ある愛の詩』『ローズマリーの赤ちゃん』等多くの名作を世に送り出した。

スラッシュは彼の家の隣に住んでいたことがあるとも言われている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報