VIGORMAN(変態紳士クラブ)、コロナ禍に制作された”応援歌”満載の新作EP誕生

ツイート


変態紳士クラブのメインボーカルを担当するレゲエDJの「VIGORMAN」(読み:ヴィガーマン)が、11月20日(金)にソロ作品となるニューEP「ROKUDENASHI」を配信リリースする。

VIGORMANにとってソロ1st Album『SOLIPSISM』以来、約1年3ヶ月振りの作品となるニューEP『ROKUDENASHI』には、GeG(変態紳士クラブ)が手掛けた楽曲3曲と、日本とジャマイカを行き来するDr.BEATZが手掛けた楽曲2曲の、合計5曲を収録。

来週11月13日(金)に先行配信されるリード曲「ろくでなしの唄」は、GeG(変態紳士クラブ)がプロデュースしたミッドバラード楽曲で、「ろくでなしの唄だけど 行くよ一度信じた道を 歩きながら生きよう」というフレーズが印象的な、この不安な時代、そして、これから受験や就活、人生の帰路を迎える人、前を向いて生きる人、夢に向かう人など、頑張る全ての人に向けたVIGORMANの真骨頂とも言うべき等身大なメッセージを詰め込んだ応援歌となっている。

また、5曲目には、VIGORMANの目線で見た社会への憂いと、レゲエならではな反骨のメッセージを歌ったワンドロップ・レゲエ楽曲「Pray For My Country」を収録。この楽曲にはギターにEarl "Chinna" Smith(アール・チナ・スミス)、サックスにDean Fraser (ディーン・フレイザー)、ミキシングにSteven Stanley(スティーブン・スタンリー)といった、レゲエ史の名だたるアーティスト達が参加。

その他、モーニング・ルーティーンを描写した「Serotonin」や、ダンスホール・チューン「Woh!!」、ポジティブ・ソング「走馬灯」と、全体を通してこの時代に生きる人々の背中を押すポジティブな言葉をコンパイルしたEPとなった。

そして、フォトグラファー・Kento Moriが撮り下ろしたVIGORMANの新アーティスト写真と、ニューEP『ROKUDENASHI』のジャケット写真が同時公開された。ジャケットはグラフィティー・アーティストのKANE(カネ)が描き下ろしたアートワークを使用。今作を聴き、イメージしたという”蒼い炎”を独特のタッチで表現している。


■VIGORMAN(変態紳士クラブ)New EP『ROKUDENASHI』

2020年11月20日(金)配信リリース
【収録内容】 ※全5曲
1. ろくでなしの唄 (Prod.GeG) リード曲・11/13(金)より先行配信開始
2. Woh!! (Prod.Dr.BEATZ)
3. Serotonin (Prod.GeG)
4. 走馬灯 (Prod.Dr.BEATZ)
5. Pray For My Country (Prod.GeG)

この記事をツイート

この記事の関連情報