松尾太陽、アコギのシンプルな音色をバックに米津玄師「Lemon」をカバー

ツイート

松尾太陽が、アコースティックギターのシンプルな音色をバックに、米津玄師の「Lemon」を歌唱する動画を公式YouTubeチャンネルにて公開した(https://youtu.be/YlrdnyD43fY)。彼ならではの解釈で歌唱する姿はドラマティック。表現者としてのオリジナリティを存分に発揮した。

松尾は、6月の公式チャンネル開設以来“うたうたい~The Cover”と題して、多彩な楽曲を大きなリスペクトのもとカバーしてきた。YOASOBI、Vaundy、Mrs.GREEN APPLE、Aimerらのほか、デビュー後はアコースティック演奏をバックに、さらに歌のボリュームを増やして、あいみょんの「ハルノヒ」、Official髭男dismの「I Love…」、菅田将暉の「まちがいさがし」を公開してきた。

「Lemon」のカバー動画は、オレンジ色の明かりが灯る薄暗がりの部屋のなか、着席のまま静かに歌い始める。喪失の悲しみ、苦しみが色濃く描かれた楽曲にもかかわらず、笑みさえ浮かべる面持ちの明るさからは、どんな状況でも光を見出してきた彼の前向きさと、真のたくましさが覗く。そして曲が進むにしたがい、顔つきにも歌声にも感情が露わになって熱を帯びてゆくさま、さらに歌詞を再現するような仕草には、短編映画を観ているかのようなドラマ性を感じることができる。

●松尾太陽 コメント
これまで沢山の楽曲をカバーさせていただきましたが、このLemonはまた今までとは違う自分を表現できたんじゃないかなと思っています。喪失感、苦しみ、でもその中にある一筋の光や前向きな姿勢、そういうマットな世界から覗く明るさをイメージして歌わせて頂きました。この動画を通して、よりこの楽曲を好きになってもらえますように。


この記事をツイート

この記事の関連情報