ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリーは「ステージ上で重要な空間認識に優れていた」

ツイート

クイーンのブライアン・メイによると、フレディ・マーキュリーはステージでパフォーマンスしている際に重要となる空間を認識する能力が優れており、ステージ上での2人の相性は最初からピッタリだったという。

talkRADIOのインタビューで、フレディの隣で毎晩パフォーマンスするのはどんな感じだったかと問われたブライアンは、こう答えた。「チャレンジであり、常に楽しかった。彼は予測不可能な人だったが、素晴らしい相棒だった。彼は空間を認識する能力が優れていた。それってとても重要なことなんだ。ステージで一緒にプレイするとき、音楽面でのコンタクトはもちろん、物理的な相互関係も必要とする。自分がどこにいて、どこにエネルギーを向けようとするのか、しっかり認識していないと。フレディはそれに秀でていた。僕らは最初から息がぴったりだった」

「彼はまだ歌のレッスンをしているときから、自分を表現する力や他の人たちと繋がる力を持っていた。自分の才能をあますことなく発揮できるところまで自分を向上させる技能を持ち合わせていた。彼は全て自分で成し遂げた。自力で大成した驚異的な人だった」

フレディ・マーキュリーは1991年11月24日に45歳で死去。間もなく29回目の命日を迎える。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報