阪神・藤川球児引退で注目を集めるLINDBERGの楽曲の数々

ツイート

11月10日、阪神甲子園球場にて行われた阪神タイガース藤川球児投手が引退。最後のマウンドに上がる際、登場曲として長年使用されてきたLINDBERGの「every little thing every precious thing」が流れた。勝利を願う阪神ファンがスタジアム一体となった大合唱で彼の背中を押し、様々な名場面と共にファンの記憶に残る一曲だ。

スポーツと音楽の関係は、 時に苦しい時に選手を応援する力になったり、 勝負に向かう者を鼓舞するものになったり、 また挫折から這い上がるときに背中を押す力にもなる。

今回、 阪神藤川投手の引退発表とともに彼がマウンドに上がる際に流れるLINDBERGが歌う「every little thing every precious thing」という曲が再注目されているが、LINDBERGは、 これまで数々のアスリートやスポーツ選手を励まし鼓舞してきている。

1992年のバルセロナオリンピックが行われた当時、柔道の谷亮子(当時は田村亮子)が試合前に「Over The Top」(1992年発売「LINDBERG V」収録曲)という曲を聴き自分を鼓舞していると話題になった。また、 日本と米大リーグで活躍した上原浩治はLINDBERGのファンであることを公言しており、 音楽番組で対談が実現するなど交流があった。

藤川投手の引退でクローズアップされたバンドの楽曲に改めて耳を傾けてみると、いつの時も前向きでポジティブな気持ちにさせてくれる「頑張る人を応援する」曲で溢れている。 現在のコロナ禍においても、 きっと世代を超えて励まし鼓舞してくれる力となることだろう。

LINDBERGは今年で30周年を迎え、延期となっていた記念ツアーが11月8日から再開され、 今もなおバンドとして走り続けている。

リリース情報

藤川球児登場曲「every little thing every precious thing」収録
LINDBERG「SUPER BEST」好評発売中
TECI-1158
定価:¥2,667+税
<収録曲>
1、 今すぐKiss Me
2、 LITTLE WING
3、 Dream On 抱きしめて
4、 BELIEVE IN LOVE
5、 恋をしようよ Yeah! Yeah!
6、 Over The Top
7、 胸さわぎのAfter School
8、 会いたくて -Lover Soul-
9、 だってそうじゃない!?
10、 GAMBAらなくちゃね
11、 きっと銀の針のような雨が
12、 もっと愛しあいましょ
13、 君のいちばんに…
14、 every little thing every precious thing
15、 Green eyed Monster
ボーナストラック
1、 今すぐKiss Me ~2007 New Mix~
2、 BELIEVE IN LOVE ~2007 New Mix~

藤川球児登場曲「every little thing every precious thing」収録
LINDBERG BEST「FRIGHT RECODER III」好評配信中
https://lnk.to/LINDBERG_TMCL31006

ライブ・イベント情報

LINDBERG 30th Anniversary Tour 『NO LIND, NO LIFE ? 』
2020年11月13日(金)17:30 / 18:00 新潟LOTS
2020年11月16日(月)18:30 / 19:00 札幌cube garden
2020年11月27日(金)18:30 / 19:00 福岡DRUM LOGOS
2020年12月2日(水)18:30 / 19:00 広島SECOND CRUTCH
2020年12月4日(金)18:00 / 19:00 大阪 なんばHatch
2020年12月14日(月)18:30 / 19:00 仙台Rensa
2021年1月6日(水)18:00 / 19:00 東京LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
この記事をツイート

この記事の関連情報