<2020楽器フェア オンライン>、プレオープン

ツイート

2020年12月11日~13日に開催される<2020楽器フェア オンライン>が、1ヵ月前となる11月11日18時にプレオープンした。

<楽器フェア>は一般社団法人全国楽器協会主催による日本最大規模の楽器関連イベントで、池袋サンシャインシティ/パシフィコ横浜/東京ビッグサイトといった会場で1987年から30年余の歴史を重ねてきた日本屈指の楽器ショーだが、2020年は新型コロナウイルスの影響を受け、開催を断念する旨のアナウンスが出されていた。

新製品やあこがれの楽器に直接触れることができ、開発者やメーカー関係者から貴重な話が聞ける楽器プレイヤーには参加必需なイベントとして人気を博してきた<楽器フェア>だが、<2020楽器フェア>はBARKSを開催会場とすることで<楽器フェア>史上初となるオンラインでの開催となる。

既存の楽器ファンはもとより、より多くの人に「楽器の楽しさ」「演奏することの面白さ」「音を出すことの素晴らしさ」を伝えるべく、新たなキャッチコピーとして「今こそ楽器をはじめよう!音楽は鳴り止まない」が掲げられているのが、<2020楽器フェア オンライン>の最大の特徴だ。

本来開催予定であった<楽器フェア>の中止を惜しむ既存の楽器ユーザーへの情報提供はもとより、楽器に触れたことの無い人/触れようとしている人/楽器を辞めてしまった人にも、楽器への関心を高めてもらいたいというのが、<2020楽器フェア オンライン>が掲げる最大の開催意義でもある。コロナ禍にあって生活様式が変化・変容する2020年、楽器を手にすることで少しでも楽しく豊かな日々が過ごせる一助になれば、という思いが込められている。

11月11日からは本開催に向けて2020年最新楽器をフィーチュアしたカウントダウンが始まり、その後も楽器愛あふれるアーティストの特別企画などが、順次登場予定となっている。なお、本開催の2020年12月11日~13日では、様々なブランド/楽器メーカーによる発表会やイベント、セミナーや音出し試奏などが、<2020楽器フェア オンライン>特設サイト内に設けられたコミュニケーションルームで実施される。これまでの<楽器フェア>は入場に有料チケットが必要だったが、<2020楽器フェア オンライン>は、一部有料イベントを除けば全て参加無料なので、楽器ファンはもとより全国の音楽ファンに楽しんでもらいたい初のオンライン・イベントの誕生だ。

◆<2020楽器フェア オンライン>特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報