ヤマハ「大人のピアニカ」に明るい音色&レッドカラーの新モデル「P-37ERD」登場

ツイート

ヤマハの鍵盤ハーモニカの人気モデル「大人のピアニカ」にレッドカラーの新モデルが登場。大人のピアニカ「P-37ERD」が11月20日に発売される。

1967年から鍵盤ハーモニカ「ピアニカ」の製造・販売を行っているヤマハ。多くの学校で教材として採用されている32鍵盤タイプを中心に、幼児から小学生まで楽に演奏できる25鍵盤タイプから降る3オクターブを持つ広音域な37鍵盤タイプまでをラインナップ。「ピアニカ」は鍵盤ハーモニカの代名詞と言える存在となっている。

今回登場の「P-37ERD」は、2018年に30年ぶりの37鍵盤タイプとしてリリースされた「大人のピアニカ」に新たな音色と新たなカラーリングを採用したモデル。華やかで躍動感のある音色、感性を刺激するレッドカラーは、遊び心を持ってアクティブに演奏、音楽を楽しみたいプレイヤーにぴったりなモデルだ。


▲ボディのレッドカラーは、本体上半分と下半分で異なる仕上げを採用(左)。演奏用パイプ(右)の吹き口は演奏中の口元が安定する形状で、手で支えなくても演奏に集中することができる。

まずチェックしたいのはスタイリッシュなデザイン。ボディカラーにビビッドな赤色を採用し、外装の上半分は光沢感のある仕上げ、下半分はしっとりとした艶消しの仕上げとした。また吹き口、演奏用パイプは既存の「大人のピアニカ」シリーズと同様の黒色で、ボディのレッドがより引き立つ組み合わせ。ケースは持ち運びにも便利なソフトケースを採用し、梱包箱は「大人のピアニカ」の世界観を体現するメッセージがついたカジュアルなデザインとなっている。


▲持ち運びに便利なストラップ付きソフトケース(写真左)、吹き口、演奏用パイプを同梱。梱包箱は楽器店からの持ち帰りが楽しくなるようなカジュアルなデザイン。

音色は、はっきりとした明るい音色とレスポンスの良さが特徴である同音域のピアニカ「P-37D」をベースとし、その強弱のコントロールしやすさはそのままとしながら、音色は華やかで躍動感のあるものとした。高音域は程よく倍音を抑えており、ライブ演奏などアクティブなシーンにも最適だ。

演奏用パイプの吹き口は唇に当たりやすい形状にし、先端部にある突起を高くすることで演奏中の口元が安定。両手弾きなどパイプを手で支えていない状態でも演奏に集中できる形状となっている。また、端面には丸みをもたせ、タンギング(舌を使った奏法)もしやすくなっている。


▲2018年発売の大人のピアニカ「P-37EBK」(写真上)、「P-37EBR」(写真中)、そして今回新発売の「P-37ERD」(写真下)。カラーリングと音色で選択できるラインナップが揃った。

10月に発表されたカジュアル管楽器の新色「Venova Red」(数量限定で11月20日発売)と同様、目を引く鮮やかなカラーリングは注目を集めそうだ。

▲新発売の大人のピアニカ「P-37ERD」(写真上)と、先月発表のカジュアル管楽器「Venova(べノーヴァ)」の新色レッド。「Venova Red」は、落ち着いた音色のAlto Venova「YVS-120RD」(写真中)と、華やかな音色のスタンダードモデルVenova「YVS-100RD」(写真下)の2種をラインナップ。

製品情報

◆大人のピアニカ「P-37ERD」
価格:オープン
発売日:2020年11月20日
この記事をツイート

この記事の関連情報