米津玄師、「感電」のミュージックビデオが1億再生を突破

ツイート

米津玄師の「感電」ミュージックビデオが、公開より127日でYouTubeでの再生回数1億回を突破。自身の楽曲で再生回数が1億回を突破したミュージックビデオは14作品目となる。

「感電」はドラマ『MIU404』主題歌として書き下ろし、ドラマアカデミー賞にて、最優秀ドラマソング賞を受賞した。ミュージックビデオは車の運転手の目線で、リズミカルなテンポのカメラワークと美しい映像美にユーモアを交えたものとなっている。撮影は、ドラマ『MIU404』の芝浦署ととしまえんで行われた。

YouTubeでのミュージックビデオ公開企画は、国内最大のクリエイティブアワードACC TOKYO CREATIVITY AWARDS内のメディアクリエイティブ部門にてグランプリ・総務大臣賞をはじめ計3つの賞を受賞するなど、広告界でも大きな話題となった。

米津玄師の歴代のMVは、「Lemon」が日本人アーティスト最多となる6億回再生を誇り、1億再生超えタイトルは以下の14作品となっている。なお、YouTubeチャンネル登録者数は日本人アーティストとしてトップの558万人、チャンネルの総再生回数は32億回超えなど日々記録を更新中だ。

「Lemon」
「アイネクライネ」
「LOSER」
「ピースサイン」
「灰色と青(+菅田将暉)」
「orion」
「Flamingo」
「打上花火」
「春雷」「パプリカ」
「馬と鹿』
Foorin「パプリカ」
菅田将暉「まちがいさがし」
「感電」

「感電」が収録された5thアルバム『STRAY SHEEP』は平成生まれのアーティストとしては初となる150万セールスを突破している。


この記事をツイート

この記事の関連情報