大阪☆春夏秋冬、愛はズボーンとの対バン&ワンマンを同日開催

ツイート

大阪☆春夏秋冬が11月15日、大阪・umeda TRADにて<GB MAX>(ギガマックス)と題した対バンライブと<TB MAX>(テラマックス)と題したワンマンライブを行なった。

◆ライブ画像

午後2時、定刻どおりに始まった第1部。まずは、SEと共に同じ大阪出身のゲストバンド・愛はズボーンが登場し、骨太かつ変幻自在なサウンドで会場を温めた。


大阪☆春夏秋冬は午後3時をまわったところで登場。ウグイス色の衣装を来た彼女達は、いつもどおりのハイテンションで最新アルバム『BRAVE SOULS』収録曲を2曲パフォーマンスし、3曲目からは事前にSNSで募集した「ファンが聴きたい曲」の上位ベスト10を披露。アンコールでは“1票だけ謎の票があった”というくだりから、MAINAが「紅蓮華」のカバーを気分よく1コーラス歌ったところで他のメンバーが静止し、ツッコミにくるという場面もあった。


18時30分から始まった第2部は、今年2020年最後のワンマンライブということもあり、メンバーの気合いも十分。純白の衣装を身に着けて、最新アルバム『BRAVE SOULS』の楽曲を中心にパフォーマンスした。

自身のYouTubeチャンネルの企画として行なった、吉本芸人との大食い対決で負けた罰ゲームとして一発芸(ほぼコント)を披露するMCコーナがあったかと思えば、MAINAがじっくりと聴かせるソロ曲パート、メンバーがダンススキルを披露するパートなど、緩急自在なステージングで観客を魅了。アンコールではコロナ自粛の直前に主演した舞台『艶姿河内六人娘』の衣装に9か月振りに袖を通し、極彩色の華やかな雰囲気の中で、大団円を迎えた。



なお大阪☆春夏秋冬は、12月5日に開催される大阪府主催イベント<OSAKA元気スポーツ>でのパフォーマンスや自身主催のクリスマスイベントなど、年末までノンストップで動き続ける。

<OSAKA元気スポーツ>

2020年12月5日(土)万博記念競技場、万博記念公園東の広場
開場10:00
https://site.convention.co.jp/osaka-genki-sports/

<POWER MUSIC JAM −イブに熱くなろうぜ!−>

2020年12月24日(木)大阪・ESAKA MUSE
開場18:00 / 開演18:30
前売り2,500円 / 当日3,000円(入場時1ドリンク必須)
出演:大阪☆春夏秋冬 / and more…

この記事をツイート

この記事の関連情報