コリィ・テイラー、たった12人を前にシークレット・ギグ開催

ツイート

スリップノットのフロントマン、コリィ・テイラーが、米ロサンゼルスでたった12人を前にライブ・パフォーマンスした。新型コロナウイルスの救済基金Sweet Relief COVID-19 Fundを支援し開いたもので、社会的距離を保つため、ごく少数のファン(5ドル支払い抽選に応募し、当選した人たち)のみ招待された。

◆コリィ・テイラー画像、動画

テイラーは11月12日、1分ほどのダイジェスト動画を公開し、「オーディエンスの前に戻るなんて信じがたいほど素晴らしい気分だ、たった12人だとしても! 先週、LAで開いたソーシャル・ディスタンス・シークレット・ショウは凄かった。俺ら再びライブでプレイし、@SweetReliefの支援金を集めた。寄付してくれたみんな、ありがとう!」とコメントしている。

テイラーはこの日、10月に発表したソロ・アルバム『CMFT』の収録曲をはじめ、スリップノット、ストーン・サワーの楽曲など23曲もプレイしたそうだ。





また、ライブ活動がままならない分、スリップノットのメンバーたちは「プレッシャーなし」で新しい音楽の制作に取り掛かっているという。ショーン・クラハンは最近、「空いてる時間が多くなったから、俺らは、自分らが得意とすること、音楽を作ることにその時間を活用することにした。いい感じだ。プレッシャーがないからな。やらなきゃいけないわけじゃない。俺らは、やりたいからやってる」と話している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報