浜田ブリトニーの漫画に、三山ひろしが登場

ツイート

インバウンド向けの日本のマナーやルールを浜田ブリトニーが4コマ漫画で描く“マナルル”のキノコをイメージした登場キャラクター“タケちゃん”の絵描き歌「タケちゃん ~おえかきたいそう~」の全世界配信記念イベントが11月14日(土)にライブバーMAO(池袋)にて開催され、浜田ブリトニー一家と手代木りんから成る“タケちゃんとキノコファミリー”が振り付きで同楽曲を披露した。


当日は、“タケちゃん”の特技が“けん玉”で、その風貌もけん玉に似ていることから、浜田ブリトニーからの熱烈なオファーにより、“けん玉 演歌歌手”としても知られる三山ひろしがスペシャル・ゲストとして参加した。2020年紅白歌合戦への出場も決定した三山ひろしだが、歌唱ではなく同楽曲中でリズムに合わせてけん玉を披露するという“けん玉リスト”での出演に「けん玉大使も務めているので、けん玉がこういった形で取り上げられ、広がっていくことは嬉しいです」と喜びを表した。

また、サプライズで、浜田が描く4コマ漫画にキャラクターとして三山ひろしを登場させた作品も公開され、けん玉で遊ぶ時のマナーを描いた同作品に「まさにけん玉を遊ぶ時のルールです。非常に嬉しいです。今後もさらにコラボしてこの曲の演歌バージョンなど出来たら良いですね」とコメントし、今後もコラボしていくことを約束した。


なお、現在第二子を妊娠中の浜田ブリトニーは、来年1月中旬に出産を予定していることも発表した。


◆マナルル・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報