AC/DCの新作、全英1位獲得の勢い。2020年最大の週間セールスの可能性も

ツイート
Photo: Josh Cheuse

先週金曜日(11月13日)リリースされたAC/DCのニュー・アルバム『POWER UP』のセールスが絶好調で、現地時間20日夜に発表される全英アルバム・チャートで1位を獲得する見込みだという。

◆AC/DC画像

全英チャートを集計するOfficial Charts Companyによると、『POWER UP』は週末だけで4万7,000ユニットを売り上げており、先週、カイリー・ミノーグが新作『DISCO』でマークした現時点2020年最多のウィークリー・セールス(5万5,000ユニット)を超えるのではないかと目されている。

AC/DCはこれまでに、『Back In Black』(1980年)、『Black Ice』(2008年)、『Iron Man 2』のサウンドトラック(2010年)が全英1位に輝いている。

週半ばの集計では、AC/DCに続き、UKのポップ・ロック・バンド、マクフライの10年ぶりの新作『Young Dumb Thrills』が2位、英国人の女性シンガー・ソングライター、パロマ・フェイスの5枚目のスタジオ・アルバム『Infinite Things』が3位、イタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリの新作『Believe』が4位、先週トップだったカイリー・ミノーグの『DISCO』が5位につけている。現時点、AC/DCの『POWER UP』のセールスはこれら4作の総計を上回っているそうだ。

Ako Suzuki

v
この記事をツイート

この記事の関連情報