ジェーンズ・アディクション、2021年に8年ぶりとなる新曲をリリース予定

ツイート

ジェーンズ・アディクションは、2021年、約8年ぶりに新曲をリリースする計画を立てているという。

◆ジェーンズ・アディクション画像

彼らのスタジオ・アルバムは、現時点、2011年の『The Great Escape Artist』が最後。そのあと、2013年にアルバム未収録の「Another Soulmate」をシングル・リリースして以降、新しい音楽は発表していない。

フロントマンのペリー・ファレルは、『Classic Rock』誌のインタビューで、ジェーンズ・アディクションのアルバムを制作する計画はあるかと問われると、「アルバムは検討しないと思う。曲を考える」と答えた。「俺ら、ジェーンズの曲をいっぱい貯め込んでる。いくつかリリースし、いくつか新しいものを作ることになるだろう。今年じゃないよ。この1年は遅れが出てるからな。でも、来月くらいに俺はジェーンズ・アディクションの曲をいくつか完成させるつもりだ」

今年61歳になったファレルだが、公私ともエネルギッシュに動き回り続ける彼は「パーティー、歌うときに頭を後ろにそらせる、サーフィン、ダンス」などが原因で首を痛め、最近、脊椎手術を受けたそうだ。それにより「1/4インチ(約0.6センチ)背が高くなり、妻にとっては2倍魅力的になった」という。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報