Furukawa Sarah、11/18に1stアルバム『THE RANDOM BIRD』をリリース

ツイート

Furukawa Sarahが、1stアルバム『THE RANDOM BIRD』をリリースした。オルタナティブフォークな渇いたサウンドとは相反する、日常に散りばめられる毒を叙情的な詩によって表現する彼女の歌は、誰しもが経験する胸の奥に仕舞い込んである部分を曝け出している。

アルバムリード曲「迷い花」は悩み続ける女子の日々を切り取った歌詞が特徴的で、サウンド面では石本大介のアレンジに元ROTH BART BARONの中原鉄也のドラムが勇ましく奏でられ、聴く人に勇気を与えるような楽曲となっている。昨年の12月に起きたオーストラリア森林火災をきっかけに制作された「WE ARE HERE feat. Nakamuramasa」の売り上げは、オーストラリアコアラ基金へ募金するという。

11月21日には、代官山の“晴れたら空に豆まいて”にて行う<“THE RANDOM BIRD”Release Party 2020 Live>として、会場入場限定30名+配信生ライブを行う。

リリース情報

タイトル: THE RANDOM BIRD
Release: 2020.11.18
Format: Digital
Track:
1. AMAI
2. 迷い花
3. 世界は変わらないから
4. WE ARE HERE feat. Nakamuramasa
5. I wanna be
6. Random Bird
7. 秋の月
8. 寝ても覚めても
9. Soloom(Acoustic ver.)
10. ai

ライブ・イベント情報

11月21日(土) at 代官山 晴れたら空に豆まいて
Furukawa Sarah 1st Album“THE RANDOM BIRD”Release Party 2020 Live At 晴れたら空に豆まいて(Tokyo)
+ Online Stereaming Live
open 20:00 / start 20:30(会場入場30名限定)
<チケット詳細サイト>
https://20201121furukawasarah.peatix.com
この記事をツイート

この記事の関連情報