初めてでも楽譜なしで楽しく弾ける、光る鍵盤搭載モデルが人気の内蔵曲を拡充、ヤマハ電子キーボード「EZ-300」

ツイート

ヤマハから、タッチレスポンス機能付きの鍵盤が光る「ライトガイド」機能を搭載した電子キーボードの初心者モデル「EZ-300」が登場。12月10日に発売される。

「EZ-300」は、子供から大人まで、初めて鍵盤楽器に触れる人が楽しめる電子キーボード。鍵盤が光って弾くところを教えてくれる「ライトガイド」を搭載し、光る鍵盤を追いかけるだけで初心者でも楽譜なしで自然と演奏を楽しむことができる。

また、曲をマスターするために大事なポイントを取り出して練習し、効果的にステップアップできる「ソングマスター」機能や、練習したいフレーズを繰り返し再生させる「フレーズ練習」機能など、レッスン機能を豊富に搭載。初心者の上達をサポートする。

内蔵曲には、子供から大人まで楽しめる222曲を搭載。「パプリカ」や「ボヘミアン・ラプソディ」、「U.S.A.」や「ミッキーマウス・マーチ」などの人気曲も多数収録した。コンピューターと楽器を接続すれば、コンピューター上のソングファイルを楽器に転送し、お気に入りの曲を再生することも可能だ。

新音源LSIの高い処理能力により実現した高品位な622音色と、205種類のスタイル(リズム、ベース、コード音を組み合わせた自動伴奏)を内蔵。多彩な演奏が楽しめるので、レッスン用途だけでなく、上達したあとも長く使い続けることができる。楽器特有の奏法による演奏音を細部までリアルに再現する「スーパーアーティキュレーションライトボイス」を使えば、ボタンを押すだけでナイロンギターのハーモニクス奏法などで演奏することができ、幅広い表現が可能。鍵盤にはタッチレスポンス機能を搭載しており、鍵盤を弾く強さに応じて音に強弱をつけて表情豊かに演奏できる。


デザインは、幅広い年代が楽しめるよう、シルバーホワイトの上質な仕上げを採用。部屋のインテリアにマッチするスタイリッシュなデザインとしている。また、幅1メートル以下で重さ4.8kgというコンパクトな設計で、電池駆動も可能。気軽に持ち運んで家の中のどこでも好きなところで演奏を楽しめる。

製品情報

◆EZ-300
価格:オープン
発売日:2020年12月10日

関連画像&映像

◆YAMAHA 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報