米津玄師、是枝裕和監督と初めてタッグを組んだ「カナリヤ」のミュージックビデオを公開

ツイート

photo by 奥山由之

米津玄師が、150万セールスを突破し2020年を代表するアルバム『STRAY SHEEP』の最後を飾る楽曲「カナリヤ」のミュージックビデオをYouTubeにて公開した(URL: https://youtu.be/JAMNqRBL_CY)。

このミュージックビデオの監督は是枝裕和が務めた。是枝監督がMVを手がけるのは約4年ぶりとなり、米津とは初タッグの作品となる。

「カナリヤ」は、今を生きる人たちを優しく肯定するような楽曲で、是枝監督がその世界観を余すことなく映像化。作品は是枝作品にも馴染み深い蒔田彩珠(『海よりもまだ深く』『三度目の殺人』『万引き家族』)や、舞踏家、俳優としても活躍する田中泯などのキャストが出演し、三世代に渡る男女の物語が折り合う、短編映画のような作品に仕上がっている。激動の2020年を締めくくるにふさわしい、トップクリエイター両名による話題作だ。

なお、米津玄師は、アルバム『STRAY SHEEP』の収益の一部を、カナリヤ基金を通じ、コロナ禍で困窮している方々に寄付していく。


この記事をツイート

この記事の関連情報