世良公則、デビュー日にドリーミュージック全作品のサブスク解禁

ツイート

世良公則のデビュー日である本日11月25日(水)に、ドリーミュージックからリリースされた世良の全作品のサブスクリプション配信がスタートする。

配信されるのは、2007年リリースのアルバム『JACARANDA』から、最新アルバムの『Howling Wolves』までの全8作品と、野村義男とのアコースティックロックユニット・音屋吉右衛門のライブアルバムの計9作品で、今回が初のサブスクリプション配信となる。

『JACARANDA』は世良公則&TWIST INTERNATIONAL名義でロサンゼルスにて収録されたアルバムで、全編アコースティック録音となっている。収録曲は、ツイスト時代のヒット曲とソロ時代の代表曲を再録し、新曲2曲を加えた全12曲だ。

最新アルバムの『Howling Wolves』は、新曲のみで構成されたデビュー40周年記念盤で、世良が書き下ろした全曲をツイスト時代からの盟友・神本宗幸と共同制作したオリジナルアルバム。ゲストミュージシャンには、元ホワイトスネイクのギタリストであるダグ・アルドリッチや、ヴァイオリニストで音楽プロデューサーのエリック・ゴーフェンが加わり、他にもJUN SKY WALKER(S)の宮田和弥、ヴァイオリニストのNAOTOが参加している。

また、音屋吉右衛門(世良公則×野村義男)の初のサブスクリプション作品として、ライブアルバム『オトコノウタ』も解禁。同作には2015年に大阪で開催されたカバーソングライブの模様が収められており、「JUMPIN' JACK FLASH」「横浜ホンキートンク・ブルース」「月のあかり」「さすらい」「ずっと好きだった」等の名曲が、アコースティックギター2本だけで演奏、歌唱されている。

さらに、カバーアルバム『BACKBONE』には、「スローバラード」(1976)、「チェリー」(1996)、「さすらい」(1998)、「小さな恋のうた」(2001)など時代を彩ってきた名曲の中から全12曲を収録。全曲累計売上枚数650万枚を超える、それぞれの時代の真ん中で人の心を支えつづけてきた、背骨のような名曲たちを世良が歌う。

そして、世良が初めて監修したプレミアムベストアルバム『Premium BEST Songs&Live ~いつものうた~』と、世良の60thアニバーサリー企画としてプレゼントされた、奥田民生の作詞作曲によるシングル「いつものうた」世良公則 feat.つるの剛士も初の解禁となる。

■サブスクリプション配信作品一覧

・アルバム『JACARANDA‐ジャカランダ‐』
世良公則&TWIST INTERNATIONAL(2007年)

・アルバム『UNDER COVER ~世良公則ソロシングルズ~』
世良公則(2008年)

・アルバム『BACKBONE』
世良公則(2012年)

・アルバム『the ultimate WE ARE GUILD9』
世良公則(2012年)

・シングル「いつものうた」
世良公則 feat.つるの剛士(2015年)

・アルバム『Premium BEST Songs&Live ~いつものうた~』
世良公則(2015年)

・アルバム『SPICULE』
世良公則(2016年)

・アルバム『Howling Wolves』
世良公則(2017年)

・ライブアルバム『オトコノウタ』
音屋吉右衛門(世良公則×野村義男)(2015年)
この記事をツイート

この記事の関連情報