英BBC 6ミュージック、アルバム・オブ・ザ・イヤー2020のランキングを発表

ツイート

イギリスの国営放送BBCの主にオルタナティブ/インディ・ロックに特化したデジタル・ラジオ局BBC Radio 6 Musicが、同局のプレゼンターたちが薦める<アルバム・オブ・ザ・イヤー2020>のリストを発表した。

◆関連画像

1位に選ばれたのは、リズム&ブルース、ハウス、ディスコなどをミックスした美しいサウンドを生み出す、メンバーのアイデンティティーが謎に包まれたグループ、Saultのサード・アルバム『Untitled (Black Is)』だった。6 Musicは同作を「対決を辞さない ビューティフル 挑戦的」と評価している。Saultは今年、それに続く『Untitled (Rise)』も発表している。

2位には、アイルランド出身のポスト・パンク・バンド、フォンテインズD.C.のセカンド『A Hero’s Death』、3位にはアメリカのインディ・フォーク・バンド、フリート・フォクシーズの4枚目のスタジオ・アルバム『Shore』が選ばれた。



また、オルタナティブ/インディ・ロック・アーティストの作品で占められる中、ボブ・ディランの『Rough And Rowdy Ways』が5位に登場している。イギー・ポップのチョイスだったそうだ。イギーは「『Rough And Rowdy Ways』は僕にとってのアルバム・オブ・ザ・イヤーだ。深みがある。歌詞には、良質で美しく巧みな言及がたくさんある」とコメントしている。



BBC Radio 6 Musicが発表した<アルバム・オブ・ザ・イヤー2020>の10作は以下のとおり。

1. Sault『Untitled (Black Is)』
2. フォンテインズD.C.『A Hero’s Death』
3. フリート・フォクシーズ『Shore』
4. BC Camplight『Shortly After Takeoff』
5. ボブ・ディラン『Rough And Rowdy Ways』
6. Nadine Shah『Kitchen Sink』
7. コーナーショップ『England Is A Garden』
8. ラン・ザ・ジュエルズ『RTJ4』
9. ダヴズ『The Universal Want』
10. スポーツ・チーム『Deep Down Happy』

Ako Suzuki



この記事をツイート

この記事の関連情報