【連載】Vol.102「Mike's Boogie Station=音楽にいつも感謝!=」

ツイート

エルヴィス・プレスリー:フロム・エルヴィス・イン・ナッシュヴィル



僕はアメリカ合衆国を何度も訪問した。ニューヨーク、シカゴ、メンフィス、ニューオリンズ、LA、サンフランシスコ、サンディエゴ、クリーブランド、ワシントンDC、フィラデルフィア、ボストン…思い出せないけどまだまだいろんな都市や田舎町にも行った。湯川れい子さんのお誘いだったエルヴィス・プレスリーとローリング・ストーンズを楽しんだハワイはヴァケーションも含めると10回近くになる。そんな中で絶対に一度は足を運びたいと思いながら実現していないのがミュージック・シティUSA、テネシー州ナッシュヴィル。そこはご存知カントリー・ミュージックの本拠地である。僕はカントリー・ミュージックも大好きで、1990年代には“カントリー・ゴールド”のMCを何度となく務めた。友人スティーヴ・クロッパーは同地に住んでいて、東京で会う度に「エルヴィス&カントリーも好きなキミをナッシュヴィルに案内してあげたい。RCAナッシヴィルのスタジオBは絶対に一度は行かなくてはだめだヨ」。


▲スティーヴ・クロッパーと筆者

今はLAに引っ越しちゃったけど、これまた友人のクロード・マックナイト(TAKE 6)にもナッシュヴィルの魅力を何度も聞かされたっけ。


写真3
▲クロード・マックナイトと筆者

本題に戻ろうザ・キング、エルヴィス・プレスリー。彼は1955年にサンからメジャーのRCAへ移籍し、ここでのファースト・シングル、1956年1月27日リリースのシングル「Heartbreak Hotel/I Was The One」は1月10日&11日にRCAナッシュヴィルでレコーディングされたのである(久しぶりに拙書“ワークス・オブ・エルヴィス”を引っ張り出した…CMでした、汗)。


▲「ワークス・オブ・エルヴィス」 from Mike’s Library

以来、ここはエルヴィスの聖地の一つとなったのである。そう言えばジェームス・バートンにインタビューした際にもテープを止めた後の雑談の中でナッシュヴィルのことをいろいろ教えて貰ったヨ。

エルヴィスが50年前の1970年6月、9月にRCAナッシヴィル/スタジオBでレコーディングを行ったがちょっとJoseph A. Tunziの「ELVIS SESSIONS:Recorded Music of Elvis Aron Presley 1953-1977」(何百回と参考にさせて貰っている)からデータを掲載させてもらうと…、


▲表紙「ELVIS SESSIONS:Recorded Music of Elvis Aron Presley 1953-1977」 from Mike’s Library






▲Overdub Sessions以下はカットです

この楽曲から74トラックスが4枚組CD-BOX、2枚組LPsでリリースされた。





ファンにとってはまさに涙もの、そう生誕86年を控えての最高のプレゼントなのだ。収録曲は以下の通り(CDから)。
☆Disc 1
1 Opening Jam (Mystery Train) (Junior Parker/Sam Phillips)
2 Twenty Days And Twenty Nights (Ben Weisman/Clive Westlake)20昼夜
3 I’ve Lost You (Ken Howard/Alan Blaikley)去りし君へのバラード
4 I Was Born About Ten Thousand Years Ago (Adapted by Elvis Presley)おいらは何でも見ちゃったよ
5 The Sound Of Your Cry (Bill Giant/Bernie Baum/Florence Kaye)君のすすり泣き
6 The Fool (Naomi Ford)
7 A Hundred Years From Now (Lester Flatt/Earl Scruggs)
8 Little Cabin On The Hill (Bill Monroe/Lester Flatt)一人ぼっちの山小屋
9 Cindy, Cindy (Buddy Kaye/Ben Weisman/Dolores Fuller)
10 Bridge Over Troubled Water (Paul Simon)明日に架ける橋
11 How The Web Was Woven (Clive Westlake/David Most)恋のはた織り
12 Got My Mojo Working ~ Keep Your Hands Off Of It (Preston Foster)/(Jay McShann/Priscilla Bowman)
13 It’s Your Baby, You Rock It (Shirl Milete/Nora Fowler)
14 Stranger In The Crowd (Winfield Scott)群衆の中のストレンジャー
15 I’ll Never Know (Fred Karger/Sid Wayne/Ben Weisman)
16 Mary In The Morning (Johnny Cymbal/Michael Rashkow)
17 It Ain’t No Big Thing (But It’s Growing) (Neal Merritt/Alice Joy/Shorty Hall)つのる恋の傷手
18 You Don’t Have To Say You Love Me (Vicki Wickham/Simon Napier-Bell/ Pino Donaggio/Vito Pallavicini)この胸のときめきを
19 Just Pretend (Doug Flett/Guy Fletcher)
20 This Is Our Dance (Les Reed/Geoff Stephens)ふたりのダンス(別れのダンス)
21 Life (Shirl Milete)
22 Heart Of Rome (Geoff Stephens/Alan Blaikley/Ken Howard)ローマの恋



☆Disc 2
1 When I’m Over You (Shirl Milete)闇に消えた恋
2 I Really Don’t Want To Know (Howard Barnes/Don Robertson)知りたくないの
3 Faded Love (Bob Wills/John Wills)色あせし恋
4 Tomorrow Never Comes (Ernest Tubb/Johnny Bond)明日は来ない
5 The Next Step Is Love (Paul Evans/Paul Parnes)恋へもう一歩
6 Make The World Go Awa(Hank Cochran)想い出のバラード
7 Funny How Time Slips Away (Willie Nelson)時のたつのは早いもの
8 I Washed My Hands In Muddy Water (Joe Babcock)マディ・ウォーター
9 Love Letters (Edward Heyman/Victor Young)ラヴ・レター
10 There Goes My Everything (Dallas Frazier)淋しき足音
11 If I Were You (Gerald Nelson)
12 Only Believe (2:58) (Paul Rader)
13 Sylvia (Geoff Stephens/Les Reed)
14 Patch It Up (Eddie Rabbitt/Rory Bourke)
15 Snowbird (Gene MacLellan)
16 Where Did They Go, Lord (2:28) (Dallas Frazier/Arthur L. Owens)風に消えた恋
17 Whole Lot-ta Shakin’ Goin’ On (Dave Williams/Sunny David)
18 Rags To Riches (Richard Adler/Jerry Ross)心は王様



☆Disc 3
1 Jam 2 (Tiger Man) (Joe Hill Louis/Sam Burns)
2 I’ve Lost You – take 1 (Ken Howard/Alan Blaikley)去りし君へのバラード
3 The Next Step Is Love – takes 3-6 (Paul Evans/Paul Parnes)恋へもう一歩
4 You Don’t Have To Say You Love Me – rehearsalこの胸のときめき
5 Patch It Up – take 1 (Eddie Rabbitt/Rory Bourke)
6 Twenty Days And Twenty Nights – takes 5 6 & 8 (Ben Weisman/Clive Westlake)20昼夜
7 How The Web Was Woven – take 1 (Clive Westlake/David Most)恋のはた織り
8 Mary In The Morning – takes 3-4 (Johnny Cymbal/Michael Rashkow)
9 Just Pretend – takes 1-2 (Doug Flett/Guy Fletcher)
10 Stranger In The Crowd – takes 1-5 (Winfield Scott)群衆の中のストレンジャー
11 Bridge Over Troubled Water – rehearsal, take 1 (Paul Simon)明日に架ける橋
12 Patch It Up – take 9 (Eddie Rabbitt/Rory Bourke)
13 The Sound Of Your Cry – take 3 (Bill Giant/Bernie Baum/Florence Kaye)君のすすり泣き
14 Where Did They Go, Lord – takes 2-3 (Dallas Frazier/Arthur L. Owens)風に消えた恋
15 Rags To Riches – take 2 (Richard Adler/Jerry Ross)心は王様
☆Disc 4
1 Jam 3 (I Didn’t Make It On Playing Guitar) (Elvis Presley)
2 Faded Love – rehearsal (country version) (Bob Wills/John Wills)色あせし恋
3 The Fool – take 1 (Naomi Ford)
4 A Hundred Years From Now – take 1 (Lester Flatt/Earl Scruggs)
5 Little Cabin On The Hill – take 1 (Bill Monroe/Lester Flatt)一人ぼっちの山小屋
6 Tomorrow Never Comes – takes 10-11 (Ernest Tubb/Johnny Bond)明日は来ない
7 Snowbird – take 1 (Gene MacLellan)
8 Faded Love – take 3 (Bob Wills/John Wills)色あせし恋
9 It’s Your Baby, You Rock It – take 3 (Shirl Milete/Nora Fowler)
10 There Goes My Everything – take 1 (Dallas Frazier)淋しき足音
11 Love Letters – take 1 (Edward Heyman/Victor Young)ラヴ・レター
12 If I Were You– take 5 (Gerald Nelson)
13 Heart Of Rome – take 1 (Geoff Stephens/Alan Blaikley/Ken Howard)ローマの心
14 Cindy, Cindy – take 1 (Buddy Kaye/Ben Weisman/Dolores Fuller)
15 I’ll Never Know – take 3 (Fred Karger/Sid Wayne/Ben Weisman)
16 Sylvia – take 9 (Geoff Stephens/Les Reed)
17 It Ain’t No Big Thing (But It’s Growing) – takes 1-2 (Neal Merritt/Alice Joy/Shorty Hall)つのる恋の傷手
18 Only Believe – take 3 (Paul Rader)
19 Life – take 2 (Shirl Milete)

このエルヴィス新作品集ではマッスルショールズ・リズム・セクションも加わってのニュー・サウンドが噴出しているとか、A&Rは勿論フェルトン・ジャーヴィスといったマニアックな内容となっていてとても気になってしまう。


▲from 「ELVIS SESSIONS:Recorded Music of Elvis Aron Presley 1953-1977」


▲エルヴィス&フェルトン 「ELVIS SESSIONS:Recorded Music of Elvis Aron Presley 1953-1977」

そして何よりもザ・キング第二期黄金期がいかにしてしてエクスプロージョンしていったかということを改めて痛感することになるのがこの『FROM ELVIS IN NASHVILLE』なのである。ブルースもカントリーもコンテンポラリー・ヒット・カバーもスタンダードも…、この74トラックスを聴きながらエルヴィス・プレスリーの偉大なる姿が脳裏を駆け巡る。「去りし君へのバラード」「ガット・マイ・モジョ・ワーキング」「この胸のときめきを」「知りたくないの」「ラヴ・レター」「淋しき足音」「オンリー・ビリーブ」…僕は大声でシャウトしまくりながらこの原稿を書き上げた。ELVIS is Forever!!!

●写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ

◆「Mike's Boogie Station=音楽にいつも感謝!=」まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報