THE YELLOW MONKEY、“シーズン2”幕開けの地に響かせた不屈のロックマインド

ツイート

THE YELLOW MONKEYの結成30周年を記念したライブイベント<30th Anniversary LIVE -YOYOGI SPECIAL->が12月7日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆THE YELLOW MONKEY画像

   ◆   ◆   ◆

THE YELLOW MONKEYの結成30周年記念ライブ<30th Anniversary LIVE>全4公演のうち、3公演目となる<30th Anniversary LIVE -YOYOGI SPECIAL->が12月7日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された。

THE YELLOW MONKEY自身にとって所縁の深い4会場を舞台とする<30th Anniversary LIVE>。<DOME SPECIAL>(11月3日・東京ドーム)、<YOKOHAMA SPECIAL>(11月7日・横浜アリーナ)に続き、今回の<YOYOGI SPECIAL>を開催した代々木第一体育館は、2016年にTHE YELLOW MONKEYが再集結を果たしてから初めてライブを行った、言わば“シーズン2”の記念すべき幕開けの場所でもある。

東京ドーム&横浜アリーナ公演と同様に、接触確認アプリ「COCOA」のチェック/1席空きの客席ソーシャルディスタンス/手指の消毒など新型コロナウイルス感染防止対策を行った上で、5,700人の観客動員を実現したこの日のライブ。開演前のスタッフ前説で、東京ドーム・横浜アリーナ両公演で終演後2週間、ライブ参加者の感染者報告ゼロだったことが発表され、場内一面に拍手が巻き起こる。

開演時刻の19時を過ぎ、待ちきれない観客の手拍子が鳴り渡る中、いよいよ舞台に吉井和哉(Vo, G/以下「吉井」)、菊地英昭(G/以下「エマ」)、廣瀬洋一(B/以下「ヒーセ」)、菊地英二(Dr/以下「アニー」)、そして再集結後のライブをサポートしてきた鶴谷崇(Key)が登場。割れんばかりの拍手が広大な空間を満たしていく。

各公演ごとに異なる選曲で行われている<30th Anniversary LIVE>、この日のステージは2ndアルバム『EXPERIENCE MOVIE(未公開のエクスペリエンス・ムービー)』のナンバー「LOVE IS ZOOPHILIA」からスタート。エマ/ヒーセ/アニーが一丸となって繰り出すグラムロックの熱量を、そのまま7thアルバム『PUNCH DRUNKARD』の「セックスレスデス」へと注ぎ込み、さらに6thアルバム『SICKS』から「TVのシンガー」「創生児」、『PUNCH DRUNKARD』の「クズ社会の赤いバラ」、そして再集結後の最新アルバム『9999』から「Breaking The Hide」と次々に楽曲を披露していく。

30年間のキャリアの中から年代を超えて演奏されるナンバーを貫くテーマは「エマ」。「なんと本日は、菊地英昭さんことエマさんのお誕生日でございます!」という吉井の言葉通り、この日56歳の誕生日を迎えたエマを讃え、エマ作曲(または吉井・エマ共作曲)による楽曲をフィーチャーした一夜だった。

初期のブギーナンバー「This Is For You」では、「Vocal、エマ!」という吉井のコールをきっかけにエマがボーカルを取り、最後は吉井と見事なハモリを響かせる。「街の灯」のラストの《聞いて下さいな》のフレーズを吉井が会場上手・下手のオーディエンスにアピールするように歌い上げ、熱い拍手との“コール&レスポンス”を描き出す……といった具合に、感染防止の観点から客席には歓声もシンガロングもないものの、そこには確かにステージと観客の濃密な一体感があった。

イントロのエマのアルペジオが会場を軽やかなクラップで包んだ「Neurotic Celebration」では、曲の途中で観客一丸の手拍子で「エマさん」を再現したり、「Happy Birthdayを歌おう、拍手で!」(吉井)とまさかの手拍子版「Happy Birthday To You」が響き渡ったり、とこの日ならではの名場面が続出。そんな多幸感に身を委ねるように、エマのアルペジオに重ねて《あなたの燃える手で/あたしを抱きしめて》と「愛の讃歌」の一節を口ずさむ吉井。同時に生配信が行われていたニコニコ生放送のコメントが、続く「イエ・イエ・コスメティック・ラヴ」で舞台背後の巨大ビジョンにテロップで映し出される中、曲中で♪エマはまだ 56だから〜と「センチメンタル・ジャーニー」の替え歌を挿入する吉井に、画面のコメントが「56だから〜」と応えた“タイムライン合唱”も、ライブ配信も含めた特別な一夜の“一体感”を明確に物語るシーンだった。





MCではバンド結成当初を振り返る吉井が「なかなか正式メンバーになってくれなかった」とエマについて語る。「ここの2人(吉井&ヒーセ)は、わりと好きな音楽も似てるっちゃ似てるんだよね。ロックンロールの甘いメロディが好きっていう。でも、この(菊地)兄弟が……いい意味でヘンタイなの(笑)。ヘンタイ感をTHE YELLOW MONKEYに持ち込んだ人!」という吉井の言葉からは、30年経った今なお、いや今だからこそお互いに向けられる惜しみないリスペクトが窺える。

ロック少年のイノセンスを凝縮したような「空の青と本当の気持ち」までエマ楽曲のコーナーが続いたところで、暗転。ビジョンの映像では時間がどんどん巻き戻され、2016年の代々木公演、さらには再始動の象徴である金色のサナギと「準備ALRIGHT?」のメッセージが映し出される。舞台に再登場したメンバーが力強く響かせたのはもちろん、再始動の象徴的ロックナンバー「ALRIGHT」。刻一刻とギアを上げていく吉井の歌声とバンドの熱演は、「SPARK」でさらなる高揚感を体現していく。

「よくわからない新型ウイルスで、昔のようなコンサートが楽しめなくなるなんて、夢にも思わなかったんだけど。でもこうやってまた、たくさんの人が手で、身振りで、たくさんの気持ちを伝えようとしてくれて。本当に感謝してます。ありがとう!」

万感の想いを伝えた吉井の「今夜もみなさんから集められた素敵な歌声を響かせて、また新しいバラ色の未来を探しに行きたいと思っております」という言葉とともに流れ込んだ「バラ色の日々」では、事前に<Sing Loud!>企画で募集したファンの歌声が、会場と配信画面越しの観客の情熱を代弁するかのように広がり、至上のロック祝祭空間を生み出していた。

立て続けに「SUCK OF LIFE」「BURN」とキラーナンバーを繰り出し、会場をむせ返るような熱気で包んだところで、「今年のライブも、今日が終わると、あと12月28日の武道館……それが最後になります」「THE YELLOW MONKEYはあと1本で、活動を少し休むと思います」と語る吉井の言葉に、場内の歓喜にやや寂寞感が混じり始める。

「今日はエマの素敵な曲をいっぱいやってきましたけども……自分的にはやっぱり、この曲が一番好きだなと思います」と本編最後に演奏したのは、エマ作曲による『9999』収録曲「Horizon」だった。「今日はエマの誕生日なんでね、本当はエマに歌ってもらいたいんだけど……」という吉井の振りに、観客が大きな拍手で応える。「じゃあ、1サビだけエマに歌ってもらおう!」とエマ&吉井ボーカルで歌われたバンドの原風景と「今」が、メンバーそれぞれが奏でる音と重なり合い、美しいサウンドスケープとなって会場一面に広がっていた。

アンコールでは『9999』の「天道虫」から「LOVE LOVE SHOW」、そして「悲しきASIAN BOY」へ、とさらに歓喜のレッドゾーンへと観客を導いていくTHE YELLOW MONKEY。「末長く、まだまだ続けますんで。よろしくお願いします! 2016年からの“シーズン2”は、ちょっと真面目にやりすぎたような気がするんで。また帰ってくる時は、もっと好き勝手やらしてもらおうと思ってますんで。楽しみにしといてください!」……そんな言葉とともに、この日最後に響かせたのは「JAM」。吉井/エマ/ヒーセ/アニーの不屈のロックマインドが結実した「JAM」が、<Sing Loud!>企画に寄せられたコーラスと共鳴し合い、珠玉のライブの終わりを目映く彩っていった。


THE YELLOW MONKEY<30th Anniversary LIVE>はいよいよ12月28日・日本武道館公演を残すのみ。同公演は来場チケットがソールドアウト、ライブストリーミングの配信チケットが現在発売中となっている。

また、2021年2月3日には、20年ぶりのライブアルバム『Live Loud』のリリースが決定している。

文◎高橋智樹
撮影◎横山マサト

   ◆   ◆   ◆

■<30th Anniversary LIVE -YOYOGI SPECIAL->2020年12月7日(月)@東京・国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

01. LOVE IS ZOOPHILIA
02. セックスレスデス
03. TVのシンガー
04. 創生児
05. クズ社会の赤いバラ
06. Breaking The Hide
07. This Is For You
08. 街の灯
09. Neurotic Celebration
10. イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
11. 空の青と本当の気持ち
12. ALRIGHT
13. SPARK
14. バラ色の日々
15. SUCK OF LIFE
16. BURN
17. Horizon
18. 天道虫
19. LOVE LOVE SHOW
20. 悲しきASIAN BOY
21. JAM

<THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE>

<30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL->
2020年11月3日(火・祝)東京・東京ドーム

<30th Anniversary LIVE -YOKOHAMA SPECIAL->
2020年11月7日(土)神奈川・横浜アリーナ

<30th Anniversary LIVE -YOYOGI SPECIAL->
2020年12月7日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館

<30th Anniversary LIVE-BUDOKAN SPECIAL->
2020年12月28日(月)東京・日本武道館
▼ライブストリーミング
サイトオープン18:00、配信スタート18:30
ライブストリーミングチケット:12月7日(月)21:30〜販売開始
【3日間チケット】〈アーカイブ期間:12月29日(火)12:00〜12月31日(木)23:59まで〉
通常チケット:4,000円(税込)
バラ色募金グッズ付きチケット:4,900円(税込)

【14日間チケット】〈アーカイブ期間:12月29日(火)12:00〜1月11日(月・祝)23:59まで〉
通常チケット:5,000円(税込)
バラ色募金グッズ付きチケット:5,900円(税込)

※バラ色募金グッズ付きチケットについて(送料はチケット代に含む)
・チンドン街道デザイン手ぬぐい、バラ色ピック付
・売上の一部がバラ色募金に寄付されます

武道館ライブストリーミング特設サイト: https://theyellowmonkeysuper.jp/feature/30th_live_budokan

ライブアルバム『Live Loud』

2021年2月3日(水)発売
通常盤(1CD):WPCL-13271 ¥2,800+税
初回盤(2CD):WPCL-13269/70 ¥3,000+税
予約リンク: https://tym.lnk.to/LiveLoud
投票期間:2020年11月7日(土)〜12月13日(日)23:59
収録内容発表:2020年12月28日(月)日本武道館公演後

WOWOW『6カ⽉連続特集!THE YELLOW MONKEY 30thAnniversary WOWOWスペシャル』

『生中継!THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -BUDOKAN SPECIAL-』
2020年12月28日(月)夜6:25~  WOWOWプライム
番組サイト:https://www.wowow.co.jp/yellowmonkey/

『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary WOWOW Special -Prologue-』
2020年12月12日(土) 午後3:30~  WOWOWライブ

『HISTORY OF THE YELLOW MONKEY 2020』
2020年12月26日(土)夜9:00~ WOWOWライブ

『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL-』
2021年1月放送

『DOCUMENT OF THE YELLOW MONKEY』
2021年1月放送

『THE YELLOW MONKEY PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99 FINAL 3.10 横浜アリーナ ~WOWOW Edition~』
2021年2月放送

『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-』
2021年3月放送

『THE YELLOW MONKEY Music Video Collection』
2021年4月放送

この記事をツイート

この記事の関連情報