大沢伸一、メンタリング瞑想アプリ「RussellME」に参画

ツイート

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ストレス低減、免疫力アップなどの効果が科学的に実証されているマインドフルネスに世間の注目が高まっている。

◆「RussellME」 関連画像

ラッセル・マインドフルネス・エンターテインメント・ジャパン株式会社(以下、ラッセル)は、マインドフルネスがコロナ禍において人々をサポートするスキルであると考え、マインドフルネスの普及活動に一層取り組んでいることで知られている。この度、そんなラッセルがローンチしたメンタリング瞑想アプリ「RussellME」のアーティスト企画第二弾として、音楽家でDJやプロデューサーとして活躍する大沢伸一の参画が決定した。

「自分自身もマインドフルネスを日常的に生活に取り入れている」と語る大沢が、自身の瞑想経験を生かして制作した三曲の瞑想音楽「ミズトモヤトコダマ」「キオクトボウキャク」「カノチノシラベ」を本日からアプリで楽しめる。また来年1月には、大沢が音楽を担当する瞑想イベントを開催する予定。アプリを利用している人の中から抽選で招待となる。イベント詳細はメンタリング瞑想アプリRussellMEイベントページにて後日知らせる。

■大沢伸一 コメント

最初に瞑想をイメージしたときは自分との距離を感じましたが、マインドフルネスという新しいアプローチの事を知るに連れその感覚は減り、むしろ難しく考えすぎていたんだと思いました。僕の場合堅苦しいルールをいっさい排除してあたまから何もなくすことに集中する時間だと捉えています。半醒半睡の状態に入ることもあります。ただ自分の気持ちがやすらぐポイントに自分を誘導するだけ=フロー状態を作り出すこと。僕にとって瞑想中の音楽はとても重要な要素で、フロー状態の質を左右すると思っています。ゆえに今回とても重要なプロジェクトに参加していると考えています。楽曲に関して僕からのメッセージは敢えて何もありません、ただそこに存在している音や空間に身を委ねる時間にしていただけたら良いなと思います。通常の曲へのアプローチとは少し違い、出来るだけ解釈の自由が生まれる「すきま」を意識しました。第二弾以降は更に解釈を拡大しリズミックなアプローチを探求していきます。

◆ラッセル・マインドフルネス・エンターテインメント・ジャパンオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報