ダグ・アルドリッチ、妻がコロナ感染で育児に専念

ツイート

ザ・デッド・デイジーズ/元ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ(G)は、妻が新型コロナウイルスに感染したため、しばらく付きっきりで幼い娘の面倒を見ていたという。

アルドリッチは、スラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズのベーシスト、トッド・カーンズとのトーク配信で、「妻がCOVIDに感染した」と明かした。「女友達からうつったんだ。“日曜日のママ友ワインの集い”みたいなものがあった。その後、その友達が陽性だとわかったんだ。妻は自己隔離し、2回の検査でどちらも陰性だった。だから、俺は“良かった、これで彼女は部屋から出て来られる。娘は幼稚園に戻れる”って思ったんだ。そしたら、彼女の具合が悪くなり、陽性との結果が出た」

「妻はすぐにフル・ロックダウンに逆戻りだ。ラッキーなことに、この貸家にはバスルーム付きの寝室があり、もう1つのドアで遮断できるようになってる。彼女のとこにたどり着くのにドア2枚って感じだ。俺は食事を運んでた。囚人かなんかみたいだよな。でも、俺らは正しいことをした。妻は誰にもうつさなかった。俺も子供たちも具合が悪くなることはなく、妻もいまは陰性だ。でも、ベビーシッターは頼めず、娘を幼稚園へ連れて行くことはできなかった。息子も家にいた。俺はフルタイムのロックダウン・パパ・モードに入ったよ。娘に付きっきりだった。大変だったが、2、3日後に俺は腹をくくったよ」

奥さんは、2週間ほど前に通常の生活に戻ることができたという。

アルドリッチ、ディーン・カストロノヴォ(Ds)、デイヴィッド・ローウィー(G)、そして新たにグレン・ヒューズ(Vo,B)が加わったザ・デッド・デイジーズは1月にニュー・アルバム『Holy Ground』をリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報