さくらしめじ、「またたび」アコースティックver.で再録。ジャケは「でほぎゃらりー」のイラスト

ツイート


さくらしめじが2016年に発売した4thシングルの収録曲「またたび」をアコースティックバージョンで再録し、2020年12月7日に配信リリースすることが決定した。

今作は、10月15日に配信した「きみでした (Acoustic Version)」に続き、過去楽曲を今の解釈でセルフカバーするリバイバル企画第二弾にあたる。懐かしさを感じさせるメロディラインに温かみのあるアコギサウンドにリアレンジし、歌詞の世界をリアルに歌う新たな「またたび」に仕上がっているという。

更にジャケットアートワークは、、アニメーション映画『この世界の片隅に』や『シン・エヴァンゲリオン劇場版』などの背景を手掛けてきた背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」によるイラスト。繊細なタッチとぬくもりを感じられる色彩で「またたび」の世界観を表現している。

なお、12月5日に開催される大石昌良との配信ツーマンライブ<おおいしめじ。感動の再会ライブ!>で、「またたび (Acoustic Version)」を初披露するとのこと。

また同時に、LINE MUSICでの「またたび (Acoustic Version)」再生キャンペーンの内容も発表された。歌詞にちなみ、メンバーと一緒に家に帰っている雰囲気を味わえる“帰り道”ボイスメッセージがプレゼントされるコースなどが用意されている。気になる人はこちらもチェックだ。

  ◆  ◆  ◆

【さくらしめじ コメント】
■田中雅功
貴方が、
この「またたび」という曲を聴いて、
どんな景色を想像して
どんな色を思い浮かべて
どんな匂いを感じて
誰を思い出すんだろう。
僕は気になってしょうがないです。
新しくなった「またたび」の中に
確かに存在する懐かしさ、
寂しさの中に
確かに存在する嬉しさを、
貴方の耳と心で聴いてくれれば良いなと、思っています。

■髙田彪我
景色の見方や物事のとらえかたが人それぞれ違うように、今回リリースする「またたび」という曲も聴く人によって様々な色や景色、物語などが生まれてくると思います。僕たち自身もこの楽曲を通じて様々な景色などを感じ、それをいかに今回の作品で表現できるかということを考えながら制作していきました。この楽曲が皆さんの日常の中に小さな彩りを添えられたら嬉しいです。

  ◆  ◆  ◆



この記事をツイート

この記事の関連情報