静岡県沼津市を舞台に“音 × 禅 × 食”をテーマにしたカルチャーフェス<MUSO Culture Festival 2021>開催

ツイート

静岡県沼津市を舞台にしたカルチャーフェスティバル<MUSO Culture Festival 2021>。

◆<MUSO Culture Festival 2021> 関連画像

“音×禅×食”をテーマに掲げ、メイン会場となる大中寺を中心にミュージックライブやサウンドインスタレーション、アート展示、座禅会、沼津産品のフードマーケットなど多様なコンテンツを展開するフェスティバルだ。

“MUSO”とは、大中寺の開山であり、自然の眺望・景観を活かした庭園の造形でも知られる「夢窓疎石」より引用した言葉。禅の真髄に触れ、研ぎ澄まされた精神状態で洗練されたカルチャーコンテンツを体験していただきたい。


会場となる大中寺は伊豆半島の付根、沼津市北部に佇む臨済宗の禅寺。正和2年(1313)、鎌倉末期に夢窓国師により開山されたが、以前からこの地には真言宗の寺院が存在していた。また、沼津御用邸とのご縁によって、皇室の行啓を仰ぐ梅園は自然そのままの風情をなし、古刹の雰囲気を伝えている。国の登録有形文化財にも登録される木造建築の恩香殿は、その便殿として明治42年(1909)に建立された。地域の伝統野菜である「大中寺いも」はその折の献上品で、御用邸からの注文書も残されている。大きく育てると赤ん坊の頭位になるこの里芋は、何時の頃からか皇室の方々によって大中寺の里芋という意味で「大中寺いも」と呼ばれるようになった。



2021年2月13日(土)16:00から、大中寺・本堂では本イベントのメインといえるミュージックライブ<Music Live Performance>を開催。その空間と相まり、禅の真髄をサウンドを通じて体験するかのようなコンセプチュアルなライブが行われる。アルバム『漸-ZEN-』が米AFIMアワード最優秀賞受賞を獲得し、現在も国際的に活躍するDJ KRUSHと、環境音や日常音などを巧みに取り入れ独自のスタイルを確立するサウンドデザイナーYosi Horikawaの出演が決定した。


また同日18時からは泊まれる公園としても話題の「INN THE PARK」で、<After Party>が開催。屋内と屋外をシームレスに使った開放的な空間構成で、日本屈指のDJがユニークな選曲でオーディエンスを魅了する(※後日追加ラインナップ発表)。

そのほかにもYosi Horikawaによる<Sound Installation>、<Art Exhibition>、<Zazen>などさまざまなコンテンツが用意されている。

<MUSO Culture Festival 2021>

2021年2月13日(土)〜14日(日)
■静岡県・大中寺
(〒410-0006 静岡県沼津市中沢田457)
http://www.daichuji.com/
■INN THE PARK
(〒410-0001 静岡県沼津市足高220-4)
https://www.innthepark.jp/

◆<MUSO Culture Festival 2021> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報