ニール・ショーン、ザ・ビートルズやヘンドリックスのカヴァーを収録したソロ・アルバムを発表

ツイート

ジャーニーのギタリスト、ニール・ショーンが間もなく、ソロ・アルバム『Universe』をリリースする。

◆ニール・ショーン画像

今週、トラック・リストが明かされ、新曲やジャーニーの楽曲に加え、ザ・ビートルズの「Hey Jude」、ジミ・ヘンドリックスの「Voodoo Child」、スティーヴィー・ワンダーの「I Believe」、プリンスの「Purple Rain」のカヴァーが収録されていることがわかった。

ショーンはアルバムのサウンドについて、「シンフォニックでクラシックなブルースとR&B ソウル ハードロック フュージョンをミックス」した「美しいオリジナルのヒーリング音楽」と表している。

『Universe』は、ジャーニーの現ドラマー、ナラダ・マイケル・ウォルデンがプロデュースし、以下の15曲が収録される。

1. Something In The Heart
2. The Eye Of God
3. The Universe
4. Caruso
5. Voodoo Child
6. Third Stone From The Sun
7. Purple Rain
8. She's For Real
9. What Has Become
10. Lights
11. Silent Voyage
12. Chrome Shuffle
13. Be Happy
14. I Believe
15. Hey Jude

ショーンは昨年6月、プリンスの誕生日に彼に敬意を表し、「Purple Rain」のカヴァーを公開していた。


アルバムのリリースは、現時点、12月初めとのみ告知されている。





ショーンは数週間前、新ラインナップ──ニール・ショーン(G)、ジョナサン・ケイン(Key)、アーネル・ピネダ(Vo)、ランディ・ジャクソン(B)、ナラダ・マイケル・ウォルデン(Ds)、Jason Derlatka(Key)でジャーニーのニュー・アルバムの制作に取り掛かっているとも明かしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報