ディープ・パープル、ツアーができない代わりに2021年にアルバムの制作を計画

ツイート

ディープ・パープルは、この夏、ニュー・アルバム『Whoosh!』をリリースしたばかりだが、ツアーができない日々が続き、代わりにアルバムの制作を計画し始めたという。

◆ディープ・パープル画像

レコード会社earMusicが開催したファンとのオンライン上のミート&グリートで、ロジャー・グローヴァー(B)は、パンデミックによる休止期間中メンバーはどう過ごしているのかとの質問が上がると、こう答えた。「このCOVIDの状況、僕らはツアーができないってことだ。僕らこの一年間、手持ち無沙汰だったよ、本当に。それで、スタジオに戻りまたアルバムを作れないかってアイディアが出た。僕らはいま、それに向け進んでるところだ。アルバムを作ったばかりで、不都合なこともあるかもしれないが、来年どこかの時点で新しいアルバムを作ってみようと思ってる。試してみるつもりだ」

ディープ・パープルが今年8月にリリースした21枚目のスタジオ・アルバム『Whoosh!』は英国で4位をマーク。トップ5圏内に入るのは、再結成後初めて発表したスタジオ・アルバム『Perfect Strangers』(1984年/5位)以来36年ぶりだった。

ディープ・パープルは現時点、2021年5月終わりにツアーを再開する予定でいる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報