『有吉反省会』出演のダウト、V系から演歌歌謡バンドへ転身

ツイート

12月5日放送の日本テレビ系『有吉反省会』に出演したヴィジュアル系バンド・ダウトが、ヴィジュアル系から演歌歌謡バンドへ路線変更することを発表した。

◆演歌歌謡デビュー曲 動画

約14年間ヴィジュアル系として活動していたダウト。メンバーの幸樹(Vo)は、「花見桜こうき」として演歌歌謡デビューしており、ダウトの楽曲「中距離恋愛」(2012年)が演歌歌謡チャートで1位を獲得している。今回の番組出演を受け、メンバーで会議を重ねた結果、バンドの未来を見据えてこの決断に至ったという。

デビュー曲は、彼らのこれからの未来、そしてファンの未来がどうか明るく照らされるようにと願いを込めた哀愁漂う1曲だ。今後のダウトが演歌歌謡界でどのように活動を展開していくのか注目しよう。

この発表に伴い、新アーティスト写真と演歌歌謡デビュー曲が公開されている。


この記事をツイート

この記事の関連情報