【トークセッション】Sakura × LEVIN × shuji、「リズムを歌うことがドラムを演奏する楽しさ」

ツイート

■ドラムを楽しむ根本は何かというと
■人と合奏する楽しさ、リズムを歌うこと

──今、ドラム初心者の話が出ましたが、ドラムを始めたばかり、あるいはこれからドラムを叩いてみたいと思っているビギナーに向けて、演奏を楽しむためのアドバイスはありますか?

LEVIN:僕は、楽しいことだけやればいいと思う。プロを目指すなら話は別ですけど、趣味でドラムを叩いてみたいという方は、楽しいことだけをやって、飽きたらやめればいい。無理に続けなくてもいいんですよ。それで、またやりたくなったら、もう一回始めればいいわけで。とにかく、楽器を演奏することが“楽しい”っていうことを覚えて欲しいですね。もし、あんまり楽しくないなって感じたら、それはきっとドラムが向いていないからであって、他の楽器をやればいい。僕って、それでいいじゃないかなって思うタイプなんですよ。で、真剣にプロになりたいっていうんだったら、それはSakuraさんのレッスンを受けてください(笑)。

Sakura:あははは。ぜひぜひ(笑)。

▲Sakura's drum set ※画像4点

shuji:僕は、さっきの話の流れじゃないけど、現代の電子ドラムってよくできているから、家の電子ドラムで練習してるっていう人は多いと思うんです。でも、やっぱりドラムってアコースティックな楽器だから、できるだけ生ドラムにも触れて欲しいですね。特に生ドラムを叩きたくて電子ドラムで練習しているという人なら、お金も時間も必要になりますけど、自分の状況が許す範囲で、生ドラムを鳴らす機会も作って欲しいなと思います。電子ドラムと生ドラムとでは、やっぱり叩き方が変わってきますから。

▲LEVIN's drum set ※画像3点

Sakura:すごくよく分かるなぁ。そうなんだよね。ドラムを楽しむ根本は何かというと、人と合奏する楽しさだと僕は考えていて。ただ叩くだけなら、それは運動。みんなと合奏する、リズムを歌うことが、ドラムを演奏する楽しさだと思うんです。その際に、自分が歌いたい鳴ってくれる生ドラムのフィーリングをぜひ掴んで欲しい。今はコロナ禍で、外出しづらかったり、練習スタジオがやっていなかったりして大変だろうけど、家で電子ドラムを練習するのと並行して、生楽器を叩く練習も増やして欲しいですね。そして、コミュニケーションのツールとして、ドラムを楽しんで欲しい。

▲shuji's drum set ※画像3点

──最後に、もう一度ドラムに挑戦しようと思っている40代、50代、60代の元ドラマーたちにメッセージをお願いします。

Sakura:そういう人たちって、音楽を生業としている僕らからすると、ものすごく羨ましいんですよ。純粋に音楽を楽しもうとしているわけだから。僕がやっているレッスンにも、実際にそういう方がいて。若い頃に僕を好きになってくれてドラムを始めて、でも会社を興して音楽から離れざるを得なくなってしまった。そこから、事業が安定してきたから、またドラムを始めることができましたっていう30代だったり、40代、50代の方もいて。

shuji:そういう人たちって、言ってみればプロを目指すとかじゃなくて、本当にドラムを楽しもうとしているわけですよね。

LEVIN:まさに、それが大正解なんですよ。“楽しい”が根本にあって、“楽しみたい”が目的だから。だから、いろんな曲が叩けることがエライんじゃなくて、大好きな1曲を、楽しく上手に叩けたら、それで十分なんですよ。そのうえで一緒に演奏できる仲間がいれば、なお善し。それってとても最高ですよね。

取材・文◎布施雄一郎
撮影◎緒車寿一



■Sakura × LEVIN × shuji 直筆サイン入り 櫻澤泰徳Tシャツ プレゼントキャンペーン概要

【応募資格】
・日本国内にお住まいの方
・Twitterアカウントをお持ちの方
・BARKS編集部 Twitterアカウントから投稿される応募用のツイートをキャンペーン期間内にリツイートした方
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でご参加ください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
※ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。
【賞品名・当選人数】
・Sakura × LEVIN × shuji 直筆サイン入り 櫻澤泰徳Tシャツ
・1名様
【応募方法】
1. BARKS編集部 Twitterアカウント「@barks_news 」をフォローしてください。
2. BARKS編集部 Twitterアカウントから下記キャンペーン期間中に投稿されるキャンペーン応募用の投稿をリツイートしてください。
3. 上記で応募は完了となります。
※フォローを外すと応募権利がなくなりますのでご注意下さい。
【応募期間】
2021年4月1日(木)~2021年5月1日(土)23:59まで
※上記期間内にされたリツイートが応募対象です。
【当選発表】
・Twitter DMにて当選のご連絡と専用フォームのURLをお送り致します。
・専用フォームで必要事項を入力ください。
【賞品発送】
・配送は国内のみ、賞品は2021年4月下旬に発送予定です。
※やむを得ない事情により賞品の発送が若干遅れる場合がありますので予めご了承ください。
※ 以下のような場合には、ご当選の権利を無効とさせていただきます。
1. ご住所入力の不備により、賞品がお届けできない場合。
2. ご不在などにより、運送会社での保有期間を超えて賞品をお届けできなかった場合。
【ご注意事項】
・転売 (不特定多数への転売、オークションなどを含む)目的でのご応募は、ご遠慮願います。
【個人情報取扱い】
・お客様からいただいた個人情報は、賞品の発送及び、サービスの開発や、個人を特定しない統計資料、当該プレゼント/モニタにおける商品の発送、及びそれにまつわるサポートのために利用いたします。上記以外の目的で個人情報を利用する場合は、予めその目的を明示し、お客様の同意を頂いた場合のみ、個人情報を利用いたします。
※詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

■パールドラム75周年記念オンラインイベント<Pearl Drums 75th Anniversary Special Day>

開催日程:2021年4月2日(金)19:00~
無料配信:パール楽器製造オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/pearldrums1946/featured
※ハッシュタグ“#pearl75th”
▼出演
つのだ☆ひろ、 真矢(LUNA SEA)、 夏芽(SHAZNA, RAISE A SUILEN)、 田浦楽、 KOUICHI (10-FEET)、GODRi (SiM)、大洗高校マーチングバンドBLUE HAWKS、 森 匠勲、相澤政宏(東京交響楽団)、 高橋紫微(フルーティスト)etc...
▼コンテンツ
・スペシャル対談 真矢 × 飯石真之(パール楽器製造株式会社 代表取締役社長)
・パール75周年記念新製品オンライン発表会
・つのだ☆ひろ/真矢/夏芽/田浦楽によるトーク&パフォーマンス
・KOUICHI (10-FEET) × GODRi (SiM)対談&パフォーマンス
・⼤洗⾼校マーチングバンドBLUE HAWKS パール75thドリルショー
・森 匠勲 パール75th アニバーサリー マーチングベースアンサンブル「to the Next Stage」
・つのだ☆ひろ&⾼橋紫微が巡る パールフルート工場探検
・相澤政宏(東京交響楽団)フルート独奏
・アーティストからの75thお祝いコメント

協力:株式会社 y’s connection / NiceB、 BARKS
後援:BARKS


■“Sakura”Signature Model Snare Drum -Limited Edition-

先行受注開始:2020年10月1日(木)12:00〜
販売開始:2020年11月20日 ※SOLD OUT
品番:YS1455S/B 価格:48,000+税
▼スペック
・サイズ:14"x5.5"
・材:等厚 メイプル 6ply /w 等厚メイプル 2ply レインフォースメント
・フープ:スーパーフープII / 10 テンション
・ストレイナー:SR-18AB / SR-18EB
・スナッピー:SN-1442I
・テンションロッド:Steel Tention Rods
・打面ヘッド:REMO コーテッドエンペラー
・フィニッシュ:オリジナルデザインカバリング





◆鼎談【3】へ戻る
◆鼎談【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報