【ライブレポート】ジャニーズWEST、進化を続ける彼らの今を見せる無観客生配信ライブ

ツイート

ジャニーズWESTが無観客での生配信ライブ<ジャニーズWEST LIVE TOUR 2020 W trouble>を12月11日~13日まで3日間計5公演開催した。

ライブは、当初2020年3月から予定されていたツアーに向けて藤井流星を中心にメンバーがじっくり話し合って作り上げた構成・演出に、配信ならではのパフォーマンスを詰め込んだものとなった。

オープニングのセットは、6thアルバムのリード曲「W trouble」の特典映像でメンバーが扮した“芸術が禁止された世界”に抗うグラフィックアート集団“W trouble”のショートムービーのような世界観。ドラム缶やハシゴが無造作に置かれた空間で、頭からワイルドな楽曲でカッコいいジャニーズWESTを魅せつけた。

一転、ステージ上のLEDビジョンがくるりと180度回転すると、海外の街の裏路地のような世界が出現。「Try me now」では階段やポールを配したセット内を縦横無尽に動き回りながら、7人がパルクールを初披露した。

さらに彼らは、神山智洋が作詞・作曲と振り付けを担当した「Survival」で躍動感あふれるダンスを披露し、「Special Love」の冒頭では7人のアカペラを響かせるなどして、進化を続けるジャニーズWESTの今を次々と見せた。

2020年を代表する楽曲「証拠」は、ジャニーズWESTのライブでは初めてバンドを背負って熱唱。生音と7人のエモーショナルな歌声が重なり、より熱いパフォーマンスとなった。また、2021年1月13日にリリースされる新曲「週刊うまくいく曜日」を初パフォーマンス。横ノリの心地よいバンドサウンドにのせて、メンバーも気持ちの赴くままに体を揺らし、画面の向こうへ新たな応援歌を届けた。

それぞれが違う色で楽しませたユニット曲や、アゲアゲな曲をたっぷり盛り込んだメドレーでは、会場を埋めつくす“応援うちわ”の中を駆け巡り、うちわに書かれたメッセージに答え、画面越しにファンとの距離を縮める配信ならではの演出で、最後まで飽きさせないライブを作り上げる。小瀧望は最後の挨拶で、「エンタメを皆さんに届けられる幸せ噛みしめて、夢のような気持ちです」と久々にステージに立つ想いを伝えた。

今回の公演は、“ジャニーズWEST史上、もっともカッコいいライブ”であり、これまでの経験の中から導き出した“今のジャニーズWESTらしさ”を体現した生配信ライブとなった。
この記事をツイート

この記事の関連情報