全米アルバム・チャート、ショーン・メンデスの新作が1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ショーン・メンデスの2年半ぶりの新作、通算4枚目のスタジオ・アルバム『Wonder』が初登場で1位に輝いた。メンデスはこれで4枚全てのアルバムが初登場で全米1位を獲得したことになる。母国カナダの最新チャートはまだ発表されていないが、こちらでも同じ快挙を遂げるだろうと予想されている。

先週トップに初登場したバッド・バニーの『El Ultimo Tour del Mundo』は2位に後退。先月1位に輝いたアリアナ・グランデの『Positions』が4位から3位に再浮上した。

今週は季節柄、クリスマス・アルバムの人気が高まり、マイケル・ブーブレの『Christmas』(2011年)が6位から4位、キャリー・アンダーウッドの『My Gift』(今年9月リリース)が9位から5位、ナット・キング・コールの『The Christmas Song』(オリジナル『The Magic Of Christmas』は1960年リリース)が12位から7位、ペンタトニックスの『The Best Of Pentatonix Christmas』(2019年)が16位から8位、マライア・キャリーの『Merry Christmas』(1994年)が15位から10位に再浮上した。

クリスマス・アルバム5作がトップ10入りするのは2013年12月以来だという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報