TENDOUJI、2020年型ガレージパンク・サウンドによる「FIREBALL」配信リリース

ツイート


TENDOUJIが、デジタルシングル「FIREBALL」を2020年12月18日にリリースすることが決定した。

今作は、TENDOUJI(Vo,Gt)のアサノケンジがボーカルおよびソングライティングを手がけたナンバー。スタジアムに響きわたるサポーターの応援歌のようなイントロから幕を開け、歪んだギター・リフとグルーヴィーなベースが持ち味の“火の玉ロック”とでも言うべき疾走感のある2020年型ガレージパンク・サウンドとのこと。



なおアートディレクションは、前作に続き、King Gnuの常田大希が主宰するクリエイティブチーム「PERIMETRON」のMargtが担当。配信日同日19時には、Margtによるミュージックビデオも公開予定だ。

  ◆  ◆  ◆

今年は色々あったような何もなかったような変な年でしたね〜。
この感じ気持ちだけでもぶっ壊して2021行きたくないですか?
そんな方には是非こちらの「FIREBALL」!!
TENDOUJI史上1番の必殺ロックナンバーで
このムード突き抜けて、それぞれの来年を掴みに行きましょう!
それでは皆さん少し早めのメリークリスマス&よいお年を!!

──アサノケンジ(TENDOUJI/Vo,Gt)

  ◆  ◆  ◆

Digital Single「FIREBALL」

2020年12月18日(金)
1. FIREBALL

この記事をツイート

この記事の関連情報