町あかり、昭和レトロゲーム風な「丘を越えて」MV公開

ツイート

町あかりが10月21日(水)にリリースしたカヴァーアルバム『それゆけ!電撃流行歌』より、収録曲「丘を越えて」のミュージックビデオが公開された。

◆町あかり MV、画像

「丘を越えて」(昭和6年)は古賀政男が作曲し、藤山一郎が歌った昭和歌謡史に残る大ヒット曲。町あかりのカヴァーバージョンでは原曲のイメージから一転して、ゲーム音楽風のイントロが付けられ、新たな魅力を持つ楽曲に変身した。

ミュージックビデオには自宅でテレビゲームをする町あかりが登場し、ゲーム画面では町あかり似のキャラクターがレーザーガンを使ってモグラを倒していくという、昭和レトロゲーム風な映像に仕上がっている。


カヴァーアルバム『それゆけ!電撃流行歌』は昭和初期の流行歌に現代的なサウンド・アプローチを加えた作品で、エレクトロポップ風に生まれ変わった「青い山脈」(昭和24年)や、ヒップホップなトラックに載せた「東京チカチカ」(昭和26年)、シティ・グルーヴィなサウンドを纏った「港が見える丘」(昭和22年)などを収録。昭和11年に公開された新興キネマ作品『初恋日記』の主題歌「花言葉の唄」では、山田参助(泊)とのデュエットも披露している。


■カヴァーアルバム『それゆけ!電撃流行歌』


▲『それゆけ!電撃流行歌』

2020年10月21日(水)CD&配信リリース
COCP-41255/¥2,500(税込)
[収録曲]
1. 青い山脈
2. 丘を越えて
3. 憧れのハワイ航路
4. 風は海から 
5. 青空~アラビアの唄
6. 東京チカチカ
7. 上海帰りのリル
8. サーカスの唄
9. 花言葉の唄(duet with 山田参助)
10. とんがり帽子
11. 東京シューシャインボーイ
12. アイレ可愛や
13. 白い花の咲く頃
14. 胸の振子
15. 港が見える丘

◆町あかり 日本コロムビア オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報