小森隼(GENERATIONS)が芸人とタッグを組む朗読劇『BOOK ACT』上演決定

ツイート

小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が2021年1月4日からヒューリック東京で上演される朗読劇『BOOK ACT 2021 NEW YEAR SPECIAL』に出演する。

今回予定されている演目「芸人交換日記」は鈴木おさむの小説『芸人交換日記〜イエローハーツの物語〜』が原作で、結成11年目の売れないお笑いコンビがお互いの本音を知るために交換日記を始めるというあらすじ。面と向かって言えなかった相手への不満や仕事がないことへの焦り、夢を諦めることの葛藤など、芸人の姿がリアルに描かれている。

小森隼は松陰寺太勇(ぺこぱ) 、宮下兼史鷹(宮下草薙)、徳井義実(チュートリアル)、せいや(霜降り明星)と日替わりでタッグを組み、ここでしか観ることのできない漫才コンビ「イエローハーツ」を演じる。

さらに初日のみ、小森隼がこれから自分のライフワークの一つにしていきたいと意気込む、年に一度のトークライブ「小森隼の小盛りのハナシ」も行われる。

■小森隼コメント
この度、一年ぶりに芸人の皆さんとタッグを組んでBOOK ACT「芸人交換日記」を行わせて頂くことになりました!

2020年の1月に初めて芸人の皆さんと刺激的とも言える経験が出来、2021年の1月にまたこうして「芸人交換日記」をやることが出来、何よりも嬉しいです!

そして今回は全ての組み合わせが一回限りの公演ですので、その場で起きる化学反応や全ての公演が終わった時に自分が何を感じるのか、そして見てくださった皆さんに何て言っていただけるのかとても楽しみにしています!

そして芸人さんと繰り広げる「芸人交換日記」と同じように自分のライフワークとして挑戦していきたいと思っていた、1人だけのトークライブに挑戦します。

物凄いプレッシャーや不安は大きいですが、スタッフさんと打ち合わせをしている時やトークのことを考えてパソコン画面に向き合っている時は、不安を塗り替えるくらいのワクワクを感じます!
2021年、皆さんと共にスタートできる事を心から楽しみにしています!

『BOOK ACT 2021 NEW YEAR SPECIAL』

【演目】「小森隼の小盛りのハナシ」※初日のみ/企画・演出 鈴木おさむ
「芸人交換日記」/脚本・演出 鈴木おさむ
【会場】ヒューリックホール東京
【公演スケジュール/出演者】
2020年1月4日(月)18:00開演/小森隼の小盛りのハナシ ※グッズ付きチケット
2020年1月6日(水)18:00開演/「芸人交換日記」 小森隼/松陰寺太勇(ぺこぱ) /森田想
2020年1月7日(木)18:00開演/「芸人交換日記」小森隼/宮下兼史鷹(宮下草薙) /森田想
2020年1月8日(金)15:00 開演/「芸人交換日記」小森隼/徳井義実(チュートリアル) /森田想
2020年1月8日(金)19:00開演/「芸人交換日記」小森隼/せいや(霜降り明星) /森田想

※開場は開演30分前になります。
※開場時間・開演時間は変更になる場合がございます。

【主催】株式会社LDH 0
【制作協力】株式会社スラッシュパイル
【楽曲プロデュース】株式会社LDH JAPAN

■チケットの詳しい情報はこちら
▶EXILE TRIBE mobile
https://m.tribe-m.jp/news/detail?news_id=31489
この記事をツイート

この記事の関連情報