DIR EN GREY、爆音上映会アンコール配信でリアルアバターを用いたMV上映決定

ツイート

DIR EN GREYが12月31日に行うデジタル爆音上映会「『The World You Live In』-additional-」にて、メンバーの全身を3Dスキャナーで撮影したリアルアバターを用いた架空キャラで作成したミュージックビデオを上映することが決定した。

DIR EN GREYは明日12月16日より愛知・大阪・宮城・東京にて爆音上映会『The World You Live In』を開催する。こちらはチケットが即日ソールドアウトし、それを受け12月31日に「『The World You Live In』-additional-」として動画配信サービスによるアンコール配信を行う。

そのアンコール配信内で予定されているスペシャルトークの中で、上述のミュージックビデオが公開される。楽曲は8月にリリースされたDIR EN GREY史上初となるデジタル配信シングル「落ちた事のある空」で、メンバーの演奏シーンを3Dスキャナーで撮影したという。

このミュージックビデオの舞台は仮想空間であるため、非現実的な空間や様々な場所での演奏シーンの作成も可能。世界観の作り方に絶大な評価があるDIR EN GREYだけに、今後の展開も大いに期待できる。

■爆音上映会アンコール配信「『The World You Live In』-additional-」

2020年12月31日(木) 23:00より配信予定
チケット料金 3,500円(税込)
詳細等は後日発表

■爆音上映会『The World You Live In』

▼2020年
12月16日(水) 愛知・Zepp Nagoya
12月18日(金) 大阪・Zepp Namba
12月19日(土) 宮城・SENDAI GIGS
12月21日(月) 東京・Zepp Tokyo
・第1部:open13:15 / start14:00 (終了予定16:30)
・第2部:open17:15 / start18:00 (終了予定20:30)
▼チケット ※SOLD OUT
¥6,500(税込) ※会場限定オリジナルTシャツ付チケット
全指定席

この記事をツイート

この記事の関連情報