土岐麻子、カバーアルバム発売&1年ぶりのワンマン開催決定

ツイート

土岐麻子が12月16日、秦 基博の「アイ」カバーをデジタルリリースした。

土岐麻子は家にいる日が続く中でふと口ずさんでいたのがこの曲で、いつのまにか暮らしのなかにある歌と語っている。楽曲アレンジは、シンガーソングライターであり作家の佐伯youthKが担当。ピアノに扇谷研人、ウッドベースに千ヶ崎学、ドラムに柏倉隆史という豪華ミュージシャンとともにバンド編成一発録音で挑んだ本作は、心温まり思わず家の中で口ずさみたくなるミディアムバラードに仕上がっている。

今回のカバーに関して秦 基博からは「土岐さんの、優しさの中に憂いを含んだその歌声によって紡がれる「アイ」は、とても澄んでいて、胸の奥の方までとても自然に、そして確かに届いてきました。こんなに素敵に歌ってもらえて、作り手として嬉しい限りです」とコメントしている。

2021年2月17日には、この「アイ」を含むカバーアルバム『HOME TOWN ~Cover Songs~』をリリースすることが決定。詳細は追って発表される。

さらに、このカバーアルバム『HOME TOWN ~Cover Songs~』のリリースを記念して、2021年3月6日に東京・日本橋三井ホールにてワンマンライブ<TOKI ASAKO LIVE 2021 Spring「MY HOME TOWN」>の開催も決定した。土岐麻子としてはおよそ1年ぶりとなるワンマンライブだ。

当日は座席数を減らし、昼・夜二部制で公演が行われる。一般発売に先駆け12月23日正午より、土岐麻子のオフィシャルメンバーズサイト「TOKI CHIC CLUB」にてチケット先行予約が開始する。

なお、土岐麻子とSchroeder-Headzによるスペシャル・ユニット「土岐麻子 meets Schroeder-Headz」の約7年ぶりのライブ<真夜中のプラネタリウム-Midnight Planetarium Live- × 土岐麻子 meets Schroeder-Headz>の開催も決定している。

こちらは、東京・有楽町にあるプラネタリアTOKYOにて無観客で開催され、12月23日夜10時30分からクリスマスにかけて3日間限定配信される。このライブでは、かつて在籍していたバンド・Cymbals時代の楽曲も披露する予定とのことだ。

■「アイ」配信情報
https://asab.lnk.to/ai201216digi

<TOKI ASAKO LIVE 2021 Spring「MY HOME TOWN」>

日時:2021年3月6日(土) 昼・夜二部制
場所:東京・日本橋三井ホール
※その他の詳細は後日発表予定

<真夜中のプラネタリウム-Midnight Planetarium Live- × 土岐麻子 meets Schroeder-Headz>

出演:土岐麻子 meets Schroeder-Headz
渡辺シュンスケ(Pf)/玉木正太郎(B)/鈴木浩之(Dr)

配信日時/期間:
2020年12月23日(水)22:30~2020年12月26日(土)22:30まで
※約60分程度の公演時間を予定しています。
※期間中は何度でも視聴が可能です。
※LIVEパフォーマンスは事前収録となります。

視聴券販売期間:
2020年12月3日(木)12:00〜2020年12月26日(土)20:00まで
※配信開始後も視聴券の購入が可能となっており、上記の配信期間のみ視聴が可能です。
※配信日2日前(12/20(日)AM00:00)以降はクレジットカード決済のみでの販売となります。

視聴券購入/料金:
https://eplus.jp/tokischr-mpl/
視聴券:¥3,500(税込)

配信メディア:
※e+(イープラス)のアカウントをお持ちでないお客さまは会員登録が必要となります(入会金・年会費は必要ありません)
※Streaming+の詳細/使用方法は以下のURLから確認いただけます。視聴券購入前に必ずご確認ください。
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

イベント詳細URL:
https://planetarium.konicaminolta.jp/midnight/tokischr/

◆土岐麻子 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報