手嶌葵、綾瀬はるか&高橋一生出演ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人』主題歌を歌唱

ツイート


2021年1月よりスタートする綾瀬はるか主演のTBS日曜劇場ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人』の主題歌に、手嶌葵の新曲「ただいま」が起用されることが決定した。

このドラマは、綾瀬はるか演じる努力家で正義感が強く上昇志向も強いが、慌てん坊な女性刑事と、高橋一生が演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるという人生が逆転した二人の愛と運命が交錯する“スイッチエンターテインメント”作品。本ドラマ制作スタッフからのオファーに応えて制作された主題歌「ただいま」は、作詞・いしわたり淳治、作曲/編曲・村松崇継のコンビにより、手嶌葵の切ないウィスパーヴォイスが印象的なバラードに仕上がっているという。











(c)TBS

なお2006年にジブリ映画『ゲド戦記』の劇中挿入歌「テルーの唄」でデビューした手嶌葵が、テレビ地上波のドラマ主題歌を担当するのは、フジテレビで2016年1月期に放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌「明日への手紙」以来5年ぶり。今作「ただいま」のCDの発売や配信情報については、後日発表される。

  ◆  ◆  ◆

<手嶌葵 コメント>
日曜劇場『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の主題歌を歌わせていただきます手嶌葵です。
テレビドラマの主題歌として、皆さんに歌をお届け出来るのは、非常に有難く思っております。
曲名は「ただいま」。
ドラマは、魂が入れ替わったり、善と悪が入れ替わったり、天国と地獄が入れ替わったり・・・
サスペンスかな~と思ったりもしますが、ちょっとコミカルな要素もあるようで。
1月からのオンエア、主題歌「ただいま」も楽しみにしていただければと思います。
手嶌葵でした。

  ◆  ◆  ◆

<編成・プロデュース渡瀬暁彦(TBS)コメント>
魂が入れ替わった2人は、お互いの事をどう思うようになるのでしょうか。
目まぐるしく動いていく運命の先に待ち受けるのは、互いのことを深く知り過ぎてしまったからこその「愛」か、それとも、それぞれの場所に戻る「ただいま」か。
キャストスタッフ一同真摯に作り上げているこのドラマに、手嶌葵さんの透明感のある歌声のラブソングが加わり、多くの方の心に届くようなドラマを創っていきたいと思っています。

  ◆  ◆  ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報