全英アルバム・チャート、テイラー・スウィフトの新作が初登場1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、テイラー・スウィフトが12月11日にサプライズ・リリースした新作『evermore』が初登場で1位を獲得した。4枚目のスタジオ・アルバム『Red』(2012年)から6作連続、7月に発表した『folkmore』に次ぎ今年2作目の全英1位に輝いた。

◆全英チャート 関連画像

2位には、ニール・ダイアモンドとロンドン交響楽団のコラボレーション『Classic Diamonds』が先週の4位から2ランク浮上し、マイケル・ボールとアルフィー・ボーのクリスマス・アルバム『Together At Christmas』が2位から3位へ後退した。

今週新たにトップ10入りしたのは、テイラーの新作のみだったが、ジョニー・キャッシュの楽曲をロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏した『Johnny Cash And The Royal Philharmonic Orchestra』が15位から8位、リトル・ミックスの『Confetti』が11位から9位に再浮上し、10位圏内に再エントリーしている。



シングル・チャートは、先週、リリース26年後にして初めて1位を獲得したマライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」が2週目の首位に輝いた。2位も変わらず、ワム!の「Last Christmas」がキープし、3位にテイラー・スウィフトの新曲「willow」が初登場した。

今週もクリスマス・ソングが半分以上を占め、トップ2曲ほか、ザ・ポーグス&カースティー・マッコールの「Fairytale Of New York」が5位、シェイキン・スティーヴンスの「Merry Christmas Everyone」が6位、バンド・エイドの「Do They Know It’s Christmas」が7位につけ、英国人の女性シンガー・ソングライター、ジェス・グリンの「This Christmas」が9位にチャート・インした。

今週はジェス・グリンほか、ラッパーCJの「Whoopty」(10位)が新たにトップ10入りしている。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報